『青鬼』原作者公認の続編がスマホゲームとして12月下旬配信

シンプルながら優れたゲームデザインで多くのプレイヤーにプレイされ、さらに実況動画でも大ヒットとなったフリーホラーゲーム『青鬼』。今回、その世界観を受け継いだ原作者公認の続編が、スマホゲームとしてリリースされることが発表された。

d8567-71-667184-0
『青鬼2』リリースページ

配信を行うのは、UUUM株式会社と株式会社GOODROID。2016年12月下旬予定として、AppStore及びGooglePlayにてリリースされるとのこと。いまのところ「街外れにあるとある廃校…。そこにはある噂があった…。」というキャッチフレーズが公開されており、どうやら「青鬼2」の舞台は廃校となるようだ。

内容としては、原作者noprops氏公認のもと、新しいストーリー、新しい謎、そして新たなキャラクターやスペシャルステージが登場するとのこと。現在は詳細なゲームシステムやストーリー情報、また有料・無料などの配信形式は公開されていない。今後の情報を待ちたいところだ。

(12/22追記 配信開始されました)
・iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/qing-gui2/id1178880179?mt=8

・Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.uuum.blueman

もぐらゲームスでは現在ライターを募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。