だてあずみ。の選ぶ「誰でも楽しめる!ヘビロテボードゲーム2015」ベスト3発表!【ボードゲームあそび暮らし①】

こんにちわ。はじめましての方、はじめまして!
だてあずみ。と申します。
今回もぐらゲームスさんで「ボードゲーム・アナログゲーム」に関する
記事を書かせていただくことになりました。

お前いったい何もんやねん。
その「だてあずみ。」の「。」なんやねん。

とお思いの方もいらっしゃると思いますので、ざっくり説明させていただきますと
毎月毎週のように「誰でも一緒に遊べるボードゲームイベント」を開催し、
ボードゲームで遊ぶことで暮らしております。
元々はSCRAPという会社で「リアル脱出ゲーム」を作ったり出演したり、
俳優をやっていたりアイドルになったりと忙しい人生を歩んでおりますが
現在の職種は「リアル遊び人」です。
夢は、日本で夕食後や休日にボードゲームで遊ぶのが習慣となるくらい
ボードゲームが生活の中に浸透することです。
どうぞ、宜しくお願いいたします。

image01
カタン大会で優勝した筆者

そもそもボードゲームってなに?

image40
 
突然ですが、この仕事をしていて言われること第一位を発表します。

「ボードゲームって、オセロとか人生ゲームですか?」

これです。
いや、あってるんですよ。全然間違っていないです。
ボードゲームと言えば人生ゲーム、という方はきっと
小さいころに家族と遊んだ時のままボードゲームのイメージが止まっているのでしょう。
そもそも遊ぶ機会がないので、それはあたりまえです。
しかし、わたしはそんなみなさんに声を大にして言いたい。

「安心してください!
今でも毎月のように国内・国外問わず新作ボードゲームが発売されていますよ!」

友人からはハートが強いとよく言われています。

案外知られていないのですが、
海外、特にドイツでは世界最大規模のボードゲーム見本市「シュピール」が開催され
その動員人数は4日間でなんと16万人越え!!
1年で計1000タイトルもの新作ボードゲームが発表されているとも言われています。

image36
 
日本国内ではゲームマーケットという年3回くらい行われているアナログゲームイベントは
2015年には9000人を越える人が来場し、毎年その勢いは強まるばかりです。
最近ではメディアでの露出も増えており、
テレビで木村拓哉さんが「ディクシット(イラストでイメージを曖昧に伝えるゲーム)」が好きと話していたり、
「タモリ倶楽部」で同人アナログゲームが特集されたり、
その他にもラジオ、雑誌などでも度々取り上げられ、密かなブームとなっています。

image10
ディクシット。イラストが綺麗で女性にも人気
 
長々と話しましたが、何が言いたいかと言うと
「今、ボードゲームがアツい!」ってことです。
デジタルゲームでは決して味わえない、生のコミュニケーションが魅力です。

だてがオススメする「誰でも楽しめる!ヘビロテボードゲーム2015」

昨年、だてが主催したボードゲームイベントは50回以上!
1年は52週間らしいので、毎週イベントを行っていることになります。
我ながらたくさん遊んだなぁ(恍惚

image26
 
image20
 
そんなだてが、自分の主催イベントで遊んだボードゲームの中でも特に
「ボードゲーム初心者の人でも楽しめる!」「とにかくヘビロテした!」
「初めて遊んだ人が、もう一回遊びたい!と言ってくれた!」
というものを選出し、ベスト3として発表したいと思います。
たくさんあるボードゲームの中でも「ルールが多すぎない」ものを選んでいますので、
初ボードゲームにもオススメです。

それではいってみましょー!

<3位>カルカソンヌ

image43
 
人数:2人~5人
時間:30分くらい
難易度:★☆☆

ボードゲーム初心者さんにオススメするゲームはいくつかあるのですが、
とりあえずこれはやっとけ!というのがこの『カルカソンヌ』です。

ルールは簡単。
裏返しになっているタイルを1枚引き、それを既に置かれているタイルに
矛盾のないようにくっつけるだけです。

image02
 
image05
タイルの山から1枚を引いて
 
image16
 
image35
道がプッツリ切れたり、街が切れないように置きます
 
image12
こんな風に置いてもOK!

自分の置いたタイルには「ミープル」と言われる駒を置き、
置いた街・道・修道院などが完成すると点数になります。

image11
人の形をしたコマ、ミープルを
 
image15
自分の置いたタイルに1人置くことが出来ます
 
image42
置いているミープルの道が完成!
 
image45
道の長さが4タイル分あるので、4点ゲット!
 
完成したらミープルは自分のところに戻ってきますが、
もし完成しなければ…ミープルは返ってきません。
数に限りのあるミープル、置くか置かないか悩ましいです。

image07
ここにタイルを置いてみたけど、
 
image08
ミープルを置く?置かない?
 
image29
他のプレイヤーの置き方によっては自分の街が完成しなくてミープルが帰ってこないことも…
 
image04
タイルを置いて、ドンドン街や道が出来上がっていく様子は見ているだけで楽しい!
 
すべてのタイルを場に置ききったらそこでゲーム終了!
点数を多く獲得出来た人が勝ちです。

■オススメポイント!■
・やることが簡単なのに、ちゃんとジレンマもある。
・時には協力したり、邪魔したりとワイワイ楽しい。
・欲しいタイルが来たりこなかったりと、一喜一憂するのが楽しい。


・Amazonリンク

<2位>ナンジャモンジャ

image32
 
人数:2人~6人(もう少し多くても遊べます)
時間:15分
難易度:★☆☆

カードゲーム『ナンジャモンジャ』です。
中に入っているのは、少し変わった見た目をしている
ナンジャモンジャ族たちのカード。

image18
ナンジャモンジャ族達はとっても個性的
 
カードの山を作り、上から1枚ずつめくっていきます。
カードを1枚めくり、見たことがないナンジャモンジャ族が出てきたら
カードをめくった人がその子に名前を付けてあげてください。

image25
カードをめくって
 
image37
さて、どんな名前にしようかな?
 
image33
この子は「わたがし」になりました
 
image21
ドンドンカードをめくって
 
image30
ドンドン名前を付けていきます
 
山札をめくって、もし既に名前を付けた子が出てきたら
先程つけた名前で素早く呼んであげてください。

image06
 
より早く名前を呼べた人が
めくったカードのある山札をすべて獲得することができます!
これが自分の点数となります。

image22
目の前のカードが点数に
 
でもここで注意!
もし、めくられたカードと誰かの手元にあるカードの一番上のカードが
同じ子だった場合は、名前ではなく「ナンジャモンジャ!」と叫んでください。

image27
他の山札と同じ時は、「ナンジャモンジャ!」
 
山札だけじゃなくて、場の全体を見なければならないのですねー。

山札がなくなるまで続けて、
一番獲得したカードの多い人が勝ちです!

■オススメポイント!■
・毎回新しい名前が生まれるので、何度遊んでも楽しい!
・知らない人と遊んでも、知ってる人と遊んでも盛り上がる!
・名前を呼べると単純に嬉しい!


・Amazonリンク

<1位>街コロ

image00
 
人数:2人~4人
時間:30分くらい
難易度:★☆☆

第一位は昨年とにかく話題となった『街コロ』です!
このゲームは国内で作られた日本産のゲームなのですが
2015年ドイツ年間ゲーム大賞の最終候補としてノミネートされていたり
ドイツの「アラカルトカードゲーム賞2015」受賞と海外で大きく評価された作品なのです!

こちらもルールは簡単。
お金で街を買って、どんどん自分の街を豊かにしていくゲームです。

image09
街に作ることが出来る施設のカードたち
 
最終的にランドマーク、と言われる
「駅」「ショッピングモール」「遊園地」「電波塔」の
4つすべてを一番はじめに建てることが出来た人が勝ちです。

image13
ランドマークは4つ
 
image24
左下の数字分お金を払えば
 
image14
建てることが出来る!
 
ゲームの手番で出来ることは2つ。
1つ目はダイスを振ります。
すると、ダイスの目によって街から収入を得ることが出来ます。
カードの上に書かれているのがダイスの目に対応しています。

image34
最初にあるのは「麦畑」と「パン屋」のみ
 
image17
ダイスで2が出た!
 
image38
パン屋の効果で、1コインゲット!
 
そして2つ目は持っているお金で街のカードを買うことができます。
買えるカードは1枚だけ。ここでランドマークを表にすることも出来ます。

image39
「コンビニ」を買ってみることに
 
image31
自分の街に「コンビニ」が出来た!これでダイスで4が出るとお金がもらえる!
 
このようにして、街をドンドン大きくして収入を増やしていくのです。

image03
施設が増えれば収入も増え、街も豊かに!
 
カードの種類は
・自分が出した出目の時に収入があるもの
・他の人が出した出目でも収入があるもの
・他の人が出した出目で収入を奪うもの
などさまざまなので、戦略もたくさんあります!

image19
4を出せば、3コインが3枚でなんと9コインも貰える!
 
image23
誰が1を出しても3コインもらえる!
 
カードの効果によっては他のカードに影響を及ぼすものもあるので、
相性も考えながら街を作っていくのが楽しいです。

image41
ショッピングモールが建つと、4を出せば12コインももらえるようになったり
 
image44
施設を建てた数に応じて収入が変わるものも!
 
収入があがればランドマークも建てられるようになりますので、
勝ちに向かってドンドン建てましょう!

image28
ランドマークにも効果がある!
 
■オススメポイント!■
・ダイスを振るだけでお金が増えていく!
・他の人が振るダイスにもドキドキ出来る!
・自分で選びながら買い物するのが楽しい!


・Amazonリンク

いかがでしたでしょうか?
今回は特にみんなで盛り上がるものを中心に選んでみました。
友人との集まりや家族と一緒に遊ぶもよし、
遊び相手がいない方はボードゲーム会やイベントもありますので
ふらりと遊びにいってみるのもいいでしょう。
だてが主催しているボードゲーム会も初心者さん初めてさん大歓迎ですので、
興味がある方は是非遊びにきてください!

みなさまに、良きボードゲームライフが訪れますように!

イベント告知

▼だてあずみ。さんが開催している、ボードゲームイベントです。

【毎月開催】
2/24、3/30(水)ゆるーく楽しむ夜のボードゲーム会@ヒミツキチラボ(渋谷)

【毎月開催】
2/19、3/4、3/18(金)大人の部活!アキバ☆ボードゲーム部@YS秋葉原RPGショップ

【カタン大会】
3/23(水)目指せ初優勝!2016ヒミツキチラボカタン大会@ヒミツキチラボ(渋谷)

▼だてあずみ。さん主宰の、遊びとボードゲームのブランド「GoccoGames」
http://goccogames.com/

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • image01

    SCRAP(リアル脱出ゲーム)Labガールズ所属のクリエイター。
    遊びとボードゲームのブランド「GoccoGames」代表。
    様々なコンセプトの「誰でも一緒に遊べるボードゲームイベント」を毎月開催中。
    一番好きなボードゲームは「カタン」、今年最後のカタン大会2014・2015優勝者。