北欧神話×クトゥルフ神話RPG『戦乙女の終末論』DL版公開など ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は3件です。

北欧神話×クトゥルフ神話RPG『戦乙女レギンレイヴの終末論』DL版公開

eschatology-of-reginleif-trial-1 eschatology-of-reginleif-trial-2 eschatology-of-reginleif-trial-3 eschatology-of-reginleif-trial-4

紫苑もみじ氏(AsterPurpura)は3月4日、RPG『戦乙女レギンレイヴの終末論』のダウンロード版を公開した。ふりーむ!およびフリーゲーム夢現よりダウンロード可能。なお、ブラウザ版もゲームアツマールにて配信中。

北欧神話とクトゥルフ神話をモチーフとし、二つの神話が交わって物語が展開する現代ファンタジー作品。一度死んで「エインフェリア」となった主人公達の戦いを描く。全3章予定のうち1章までが公開中で、現時点での公称プレイ時間は3時間半。

ノベルゲーム的にシナリオが進行する中で戦闘が発生する方式で、戦闘システムはターン制のコマンド選択型だが1ターンにパーティ内の任意のメンバーが計3回まで行動できるシステムが特徴。敵側も同様で、事前に行動する敵やおおまかな行動内容がわかるので、それに応じて妨害スキルを使っていくなど戦略性の高いバトルが楽しめる。

また、レベルアップはシナリオとは独立した「フリーバトル」で行うが、「戦闘不能者なしで敵を倒すと、その敵を倒して上げることができるレベルの上限まで一気にレベルアップ」というシステムにより、1戦1戦に集中して楽しみつつ、レベル上げのための戦闘を最小限に抑えられるのも特徴となっている。

『ヴァルシュトレイの狂飇きょうひょう』コンプリートサウンドトラック発売

Studio SiestAは3月5日、シューティングゲーム『ヴァルシュトレイの狂飇きょうひょう』のコンプリートサウンドトラックを発売した。

同作の本編「コラテラル・ハザード」と、追加パッチ「第三勢力の脅威」に使用されているすべての楽曲をリマスターして収録。企画当初のプロトタイプ楽曲、各キャラクターのインゲームボイス、SEも収録したCD2毎組みの内容となっている。

Studio SiestAのオンラインショップなどで購入可能。また、3月6日に東京都・大田区産業プラザPiOで開催される東京ゲーム音楽ショー2021のレトロゲームショップ「BEEP」のブースにて委託販売も行われる。

「メロンブックスDL」サービス統合により購入・再DLが終了へ

ダウンロード販売サイト「メロンブックスDL」にて、同サービスが同人ショップ「メロンブックス」等の通信販売に統合されることが発表された。

「メロンブックス」等でのダウンロード作品の販売開始は4月中に予定されている。同時期に「メロンブックスDL」の新規会員登録が終了し、その後「メロンブックスDL」での購入、ポイント利用が9月30日に終了予定。またメロンブックスDLにて購入したコンテンツのダウンロードができるのは10月31日までとなる。

「メロンブックスDL」から「メロンブックス」等の通信販売へ販売コンテンツが引き継がれるかなどは明らかにされていないが、購入コンテンツのダウンロード終了について告知されているため、「メロンブックスDL」で同人ゲームなどを購入したことがある場合は最新版をダウンロード済みかなどチェックしておくことをお勧めする。


  • finalbeta-logo-icon-white
    中村友次郎(@finalbeta

    フリーゲームと同人ゲーム、日本ファルコム作品をこよなく愛するゲーム好き。システムに凝ったRPGをとくに好んでプレイします。スマホRPGは「メギド72」激推し。
    過去に十数年ほど、窓の杜の連載記事「週末ゲーム」の編集と一部執筆を担当していました。