STG『デビルブレイド』プロトタイプ版公開 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題はSTGのプロトタイプ版公開など9本です。

STG『デビルブレイド』プロトタイプ版公開

devilblade-prototype-1 devilblade-prototype-2 devilblade-prototype-3

シガタケ氏は23日、STG『デビルブレイド』のプロトタイプ版を公開した。

同氏が1996年にPlayStation用のSTG制作ツール「デザエモン プラス」向けに開発した作品のPCリメイク版で、本プロトタイプ版では1面のみプレイ可能。メカや背景など描き込まれたドットグラフィック、SEやエフェクトによるショット撃ち込み時の手応え、ノリのいいBGMなどSTGとしてのプリミティブな魅力の詰まった内容となっている。

「STG初心者でもクリアは可能、スコア稼ぎを意識するとSTG上級者でも楽しめる間口の広いSTGゲーム」というコンセプトで開発されており、システムは2種類のショットとボムで敵を倒していく比較的シンプルなもので、スコア稼ぎでは敵に近寄っての接射がポイントとなっている。

横スクロールアクションゲーム『EXTRAPOWER GIANT FIST』公開

epgf-1 epgf-2

LUCKY LAMP PROJECTは22日、横スクロールアクションゲーム『EXTRAPOWER GIANT FIST』をフリーゲームとして公開した。

多様なヒーローが活躍する「EXTRAPOWER」シリーズの3作目。2008年末にリリースされたシリーズ1作目のシミュレーションRPG『EXTRAPOWER ATTACK OF DARKFORCE』にも登場した勇者ゾフィを主人公とし、世界に起きる異変の謎を追っていく。弱・強攻撃とガードおよび方向キーの組み合わせにより、さまざまな攻撃を繰り出したり飛び道具を掴んで投げ返したりと、多彩なアクションが用意されている。

ノベルゲーム『CisLugI-シスラギ-』体験版第4弾公開

cislugI-trial-4

同人サークルNextVillageは27日、8月12日発売予定のノベルゲーム『CisLugI-シスラギ-』の体験版第4弾を公開した。

自殺が合法化され、脳内に埋め込まれた針状の爆弾「尊厳維持装置」により「死にたい」と口にするだけで苦しまず死ねるようになった世界を舞台とした作品。主人公とヒロインの異なる4ルートのオムニバスとなっており、それぞれSFアクション、ミステリージュブナイル、恋愛サスペンス、学園アクションとジャンルも異なる独立した物語として成立しつつも、全4ルートを通して最終的にひとつの群像劇へと収束するのが特徴で、“SF革命群像劇”と謳われている。

体験版第4弾では4ルートのうち、「不良の少女は愛を知らない」編の一部をプレイ可能。

ノベルゲーム『西暦2236年』サウンドトラックSteam配信開始

同人ゲームサークルChloroのノベルゲーム『西暦2236年(2236 A.D.)』のオリジナルサウンドトラックのSteam配信が24日に開始された。

『西暦2236年』は人類がテレパシーでコミュニケーション可能になった時代が舞台のSF作品。オープニングテーマ曲などをはじめ多数のオリジナル曲も見所のひとつで、サウンドトラックには69曲が収録。Steam版はゲーム本編のDLCとして配信される。ゲーム本編、サウンドトラックともに31日まで10% OFFセール中。

アクションアドベンチャーゲーム『Iconoclasts』Nintendo Switch版発売日決定

DANGEN Entertainmentは26日、Joakim ‘konjak’ Sandberg氏開発のアクションアドベンチャーゲーム『Iconoclasts(アイコノクラスツ)』のNintendo Switch版を8月2日に発売することを公表した。リリーストレイラーも公開されている。

滅びゆく惑星を舞台とし、レンチを持って戦うメカニックの少女ロビンが主人公の探索型アクションゲーム。パズル要素もある多彩なロケーションや20体を超えるボス、描き込まれたドットグラフィックなどが特徴となっている。Steam版およびPlayStation 4/Vita版が1月にリリースされている。

音楽格闘ゲーム『PHRASEFIGHT』Nintendo Switch版発表

超OKは23日、音楽格闘ゲーム『PHRASEFIGHT』のNintendo Switch版の開発決定を発表した。

曲に合わせてボタンを押すことで攻撃し合うという、リズムゲームと対戦格闘ゲームが融合したような作品(関連記事)。PC版が今年2月にリリースされている。Nintendo Switch版は本体1つで2人対戦に対応、HD振動にも対応するとのこと。8月4日~5日に岐阜県岐阜市で開催される「第2回全国エンタメまつり(ぜんため)」にてNintendo Switch版のプレイアブル展示が予定されている。

FullPowerSideAttack.com、コミックマーケット94頒布内容告知

FullPowerSideAttack.comは24日、コミックマーケット94の頒布内容を公開した。

コミックマーケットにおける新刊は2D回転アクションゲーム『トルクル(TorqueL) 物理調整版』に関する同人誌「トルクル(TorqueL)物理調整版 情報公開室チャンネル記事集」など。

「アクションゲームツクールMV」アーリーアクセス開始

action-game-tkool-mv

株式会社KADOKAWAは24日、ゲーム制作ソフト「アクションゲームツクールMV」のアーリーアクセスをSteamにて開始した。希望小売価格9,800円(税抜)のところアーリーアクセス期間中は8,500円(税抜)、さらに31日までは20% OFFセールが実施される。正式リリースは2018年内の予定。

コーディングなしでアクションゲームを制作できるソフトで、物理演算を用いたゲームや最大4人までのマルチプレイに対応するゲームなどを制作可能。JavaScriptによる機能拡張も可能となっている。

コンシューマ版RPGツクール「RPGツクールMV Trinity」発表

コンシューマゲーム機向けのRPG制作ソフト 「RPGツクールMV Trinity」が26日に発表された。発売は11月15日に予定されている。

PlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox Oneに対応し、制作したゲームはアップロードすることで他のユーザーもプレイ可能。無料配信される「RPGツクールMVプレイヤー」を使用することで 「RPGツクールMV Trinity」のユーザー以外もアップロードされたゲームをプレイできる。Nintendo Switch版とXbox One版はクロスプラットフォームに対応し、制作されたゲームを相互に共有可能。

素材はPC版の「RPGツクールMV」の2倍の数が用意され、キャラクターボイスや歌付きのBGMも収録されるとのこと。

TORaIKI、「エモーションアニメ素材集」ダウンロード販売開始

ゲーム制作サークルTORaIKIは24日、「エモーションアニメ素材集」のダウンロード販売をDLsite.comにて開始した。8月20日まで10% OFFで販売されている。

ゲームのイベントシーンの感情表現などに利用できる素材集。アニメ素材41点、静止画素材50点を収録している。(8月5日追記:5日にアップデートが行われ、アニメ素材、静止画素材ともに収録点数は56点となった。)なお、公式サイトにてフリー配布版として静止画素材12点が公開されている。

エモーションアニメ素材集

エモーションアニメ素材集(TORaIKI)
イベントのインパクトUP! ノベルゲームなどのイベント演出に使える感情アニメ素材集


注目のイベント情報:
12月2日 VTuberになろう!現役VTuber・3D・音のプロが教えるAll in One講座【初心者向け】

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • finalbeta-logo-icon-white

    中村友次郎(@finalbeta

    フリーゲームと同人ゲーム、日本ファルコム作品をこよなく愛するゲーム好き。システムに凝ったRPGをとくに好んでプレイします。
    過去に十数年ほど、窓の杜の連載記事「週末ゲーム」の編集と一部執筆を担当していました。