高密度STG『Devil Engine』日本語体験版公開 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題はシューティングゲームの体験版公開に関するものなど9本です。

Protoculture Games、高密度STG『Devil Engine』日本語体験版公開

devil-engine-1 devil-engine-2 devil-engine-3

Protoculture Gamesは28日、横スクロールシューティングゲーム『Devil Engine』の体験版をふりーむ!にて公開した。同作はこれまで英語の体験版が公開されていたが、今回より日本語に対応している。体験版はステージ1と2をプレイ可能。

High Density Shooting Action(高密度シューティングアクション)を謳う作品で、敵の攻撃は激しく難易度は高め。ミサイルなどの特殊攻撃や、敵を倒すことで増えるスコア倍率を消費して発動できる弾消しなどを駆使して状況を切り抜けていく。ドット絵で描き込まれたメカや背景などのグラフィックや、メロティアスで疾走感のあるBGMも魅力だ。完成版は2018年後半に発売予定。

ARTIFACTS、館脱出ストラテジー『マジックポーション・デストロイヤー』リリース

mpd-1 mpd-2

ゲーム開発サークルARTIFACTSは26日、ストラテジーゲーム『マジックポーション・デストロイヤー』のSteamにてリリースした。パブリッシャーはPLAYISMで、PLAYISMの作品ページよりSteamキーを購入することも可能。いずれも配信開始より1週間は10% OFFセールが実施されている。

同サークルの前作『マジックポーション・エクスプローラー』のゲーム内容を進化させたリソース管理型のストラテジーゲーム。魔女の館に囚われた主人公が脱出を目指して戦っていく。戦闘は自動進行で、「強化魔法」や「魔法薬」を駆使してキャラクターを強化し、全30ステージのクリアを目指す。条件によってエンディングは5つに分岐する。

なお、前作『マジックポーション・エクスプローラー』は新作リリース記念として50% OFFセール中。『マジックポーション・エクスプローラー』と『マジックポーション・デストロイヤー』のバンドル版も用意されている。

言ノ葉迷宮、コミックゲーム『学期末のアウトサイダー』ダウンロード販売開始

outsider

言ノ葉迷宮は25日、短編ミステリーアドベンチャーゲーム『学期末のアウトサイダー』のダウンロード販売を開始した。

作者が「コミックゲーム」と呼称している、漫画形式のアドベンチャーゲーム。本作ではとある少年と少女の出会いから物語が始まり、作中で1カ所だけ存在する文字入力欄へ、作中で呈示される謎の答えを入力することで物語を結末に導いていく。漫画は100ページほどで、エンディングは2つ。ヒント機能も用意されている。

ローズヴェルト、女性向け恋愛ADV『嘘つきな王様の騙し方』リリース

usodama

同人ゲームサークルローズヴェルトは29日、女性向け恋愛アドベンチャーゲーム『嘘つきな王様の騙し方』をリリースした。10月6日まで10% OFFセールが実施されている。なお、執筆時現在はサークル公式サイトにてダウンロード販売が行われており、10月中旬にはSteamでの配信が開始される予定。

ファンタジー世界を舞台にした女性向け恋愛アドベンチャーゲーム『貴方の仮面の外し方』の続編で、主人公を含めフルボイスの作品。呪われた孤島として知られているエルーリア島へ突然飛ばされてしまった主人公の少女レジナ(名前変更可能)が、ジュリという男と出会うことから物語が始まる。なお、物語を理解するために前作をプレイする必要はないが、プレイしていれば本作をより楽しめるとのこと。プロローグをプレイ可能な体験版も公開されている(上掲の画像は体験版より)。

ファーレンハイト、スマートフォン向けターン制ブロック崩し『ハイパーバウンサー』配信開始

hyperbouncer

ファーレンハイトは27日、スマートフォン向けのブロック崩しゲーム『ハイパーバウンサー(hyperbouncer)』の配信を開始した(Android版 / iOS版)。広告付きの無料作品として公開されている。

パドルでボールを打ち返すという要素がなく、その代わりアイテムにボールを当てることで、一度に打ち出せるボールの数を増やしていくことができるブロック崩しゲーム。ブロックは1ターン(1回のボール射出)ごとに、落ちものパズルゲームのように上から降りてくる。ブロックは中に描かれた数字の数だけボールをぶつけると壊すことが可能で、ブロックが画面下まで達してしまうとゲームオーバー。

そのほか、ボールを当てることでブロックを一列丸ごと消せるアイテムなども存在。反射神経は不要で、効率的にブロックを壊せる射出方向を考えていくパズル的なゲームとなっている。

4th cluster、スマートフォン向けRPG『StarMined』βテスター募集開始

ゲーム制作スタジオ4th clusterは、スマートフォン向けRPG『StarMined』のβテスターの募集を開始した。

人類が宇宙に進出した遠い未来、廃墟の惑星を舞台とした作品。Android/iOS向けのリリースが予定されているが、βテストはiOSを対象として行われる。

GameCrafterTeam、高速メカアクションゲーム『Project Nimbus』アーリーアクセス終了

タイのインディーゲームデベロッパーGameCrafterTeamは26日、Steamにてアーリーアクセス版を配信していた高速メカアクションゲーム『Project Nimbus(プロジェクト・ニンバス)』に最終ミッションが追加され、アーリーアクセスが終了したことを告知した。

荒廃した世界を舞台とし、人型バトルスーツ「バトルフレーム」を操縦して戦う作品。テキストやボイスは日本語にも対応しており、日本版のメインキャストには名塚佳織さん、藤原啓治さんといった著名声優が名を連ねている。日本語化されているのは全4章中の2章までで、今回の告知によると日本語への対応は年内を目標に引き続き作業を行っているとのこと。

なお同作は、パブリッシャーGameTomoよりPS4版のリリースが予告されており、第1章と第2章をリマスターした『プロジェクト・ニンバス:CODE MIRAI』が今秋配信予定。

GIANTY、アクションRPG『GOKEN』正式リリース

株式会社GIANTYは29日、Steamにてアーリーアクセス版を配信していたアクションRPG『GOKEN』の正式リリースを発表した。合わせて、同作のオリジナルサウンドトラックのDLC配信も開始されている。

封印されていたかつての英雄が、失った5つの武器を取り戻しながら悪しき者の手に渡ってしまった世界を救うという作品。シームレスに広がるマップや、2つのボタンに武器をアサインしてコンボを繰り出せるアクションなどが特徴となっている。

森の奥の隠れ里、「イラストアイコン素材集Vol.2-和-」ダウンロード販売開始

森の奥の隠れ里は24日、「イラストアイコン素材集Vol.2-和-」のダウンロード販売を開始した。

和風をテーマにした、高解像度のイラストアイコン素材集。大きく分けて武器類、防具・アクセサリー類、植物・鉱石など錬金素材系、雑貨類、属性などUI系の素材を収録している。


もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。
  • finalbeta-logo-icon-white

    中村友次郎(@finalbeta

    フリーゲームと同人ゲーム、日本ファルコム作品をこよなく愛するゲーム好き。システムに凝ったRPGをとくに好んでプレイします。
    過去に十数年ほど、窓の杜の連載記事「週末ゲーム」の編集と一部執筆を担当していました。