フリーゲームコンテスト「第三回 PLiCyゲームコンテスト」結果発表

ゲーム投稿サイト「PLiCy」の開催していたフリーゲーム投稿コンテスト「第三回 PLiCyゲームコンテスト」の結果が発表された。本コンテストは、2016年8月より作品募集を行っていたコンテスト。全100作品を超える応募が行われており、全5部門ごとに、金賞・銀賞・銅賞それぞれを受賞した作品が表彰されている。

各部門ごとの金賞は下記のとおりだ。

PLiCy
システム部門:金賞
ラハと理の魔法生 -the 2ndstory-

PLiCy
ライター部門:金賞
Buddy Collection

PLiCy
アクション部門:金賞
迷子の子猫

PLiCy
動画の部:金賞
人格診断MV

PLiCy
KSGの部:金賞
たまごマン

また、PLiCyでは合わせて、ツールを使用しないHTML5ゲーム、または3Dゲーム製作ツール「PlayCanvas」で作られた作品の投稿に対応したことを発表した。詳細に関してはリリースページにて記載されているので、作品投稿を考えている方は読んでみてはいかがだろうか。


もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。