フリーゲームアクションRPG『箱庭えくすぷろーら』 遊び心を詰め込んだドット絵の箱庭で、自由度が高くてちょっとだけエッチな大冒険をしよう!

箱庭えくすぷろーら
 
今回紹介するのは、フリーゲームのアクションRPG『箱庭えくすぷろーら』です。制作者はすき(suxamethonium)氏で、スクリプトエディタ「Hot Soup Processor」 (HSP)によって開発されました。圧倒的といえるほどドットアニメーションが作り込まれており、開発の早い段階からツイッターで大きく拡散され話題を呼びました。

本作の特徴はそのビジュアルだけにとどまらず、クォータービューで描かれたユニークな世界観、武器やアイテムを使った派手で熱いアクションバトル、プレイヤーを縛らない自由な探索の楽しさ、全編書き下ろしのBGMと、一言では表せないほど多くの魅力が詰まっています。筆者も夢中になりながらプレイしたので、ぜひご紹介したいと思います。

クォータービューの2Dアクションゲームは珍しい

さて、『箱庭えくすぷろーら』のゲーム内容の前に、まず「クォータービュー」とは一体何かを説明します。

多くのドット絵を用いた2Dゲームでは、操作するキャラクターを横から見た「サイドビュー」、または上空から俯瞰した「トップビュー」の視点で書かれるのが一般的です。

それに対し「クォータービュー」は斜め上から俯瞰した視点のことで、2Dでありながらも立体的に見える表現です。この視点がよく採用される主なゲームは『タクティクスオウガ』などのシミュレーションゲームで、2Dアクションでは十字キーの向きとの兼ね合いもあり、珍しい形式となっています。そういった意味で本作は非常に挑戦的なゲームデザインだと言えます。

文字通り「箱庭」で表現された魅惑の世界

本作の世界は、すべて四角いマップで構成されています。美しい小さな箱庭の中に建物や植物などが所狭しと並び、さらにその背景がアニメーションで動くので、歩いているだけでもプレイヤーを楽しませてくれます。エリアごとに季節の彩りが大きく異なり、太陽が照りつける砂漠や、雪が降り注ぐ氷の湖などバリエーションが豊かです。

箱庭えくすぷろーら
 
箱庭えくすぷろーら
本作のグラフィックはすべてドットで描かれている。街やダンジョンには隠された要素もあるので、探索の度に驚きを与えてくれる。
 
この世界を渡り歩く本作の主人公は、街郊外のモンスターを討伐している「冒険者にと」です。彼の冒険は最初の拠点「ハジメタウン」から始まります。旅先で出会う人達は個性的な人物ばかり。例えばプレイヤーのガイド役をしてくれる女の子は、なぜかスクール水着を着て各地にいます。他の住人もちょっとだけエッチな台詞や有名なゲームのパロディを言ったりと、愉快なテキストが冒険にユーモアを添えてくれます。

箱庭えくすぷろーら
プレイヤーにアドバイスをくれる「すく水」。何故この格好をしているかは不明だ。
 
そんな住民に気を良くしたからと言って、うかつに攻撃してはいけません。彼らは怒り心頭で突如プレイヤーに襲い掛かってきますので気をつけましょう。

箱庭えくすぷろーら
攻撃だけでなく、住民に迷惑をかけても恨まれる。しかしイベントが豊富なので、悪いことと分かっていても、ついついやってしまう。
 
住民の話を聞くと、各地のダンジョンを教えてくれます。ダンジョンには宝箱が眠っており、別のエリアに繋がっているものもあります。さらには女の子の姿をした可愛いモンスターもいますが、こちらもまた油断してはいけません。主人公を縛り上げ、刺し、引っ掻いて襲ってくる凶暴さも持っています。特に奥底に待ち構えるボスはどれも強敵で、妖艶な見た目でこちらを誘惑しながら猛攻してきます。彼女らに対抗するには、あらゆるものを活用して戦っていく必要があります。

箱庭えくすぷろーら
 
箱庭えくすぷろーら
住人に負けず劣らず、モンスターも個性派揃い。しかしその動きに見とれていると、あっという間に負けることも。
 
箱庭えくすぷろーら
エリアボスのひとり、「ぼすらみあん」。一度捕まるとレベルを吸収してくるので注意が必要だ。
 

豊富な攻撃手段を駆使せよ!!

『箱庭えくすぷろーら』のアクションバトルでは、「武器」による攻撃と「アイテム」の使用タイミングがとても重要です。本作の武器は種類が沢山用意され、オーソドックスな「剣」を始め、遠距離攻撃が可能な「弓」、連続ヒットをする「鎌」、強力な範囲攻撃が可能な「斧」などがあります。装備するとボタン一つで使えるアイテムにも、属性攻撃を使える「魔導書」、時間が立つと爆発する「大たる爆弾」、べたべたで相手の装備を溶かす「けしからん液体」など様々です。

箱庭えくすぷろーら
魔導書には3種類の属性がある。上手く使いこなせば、格上の強敵とも渡り合えるはずだ。
 
一方でこれらの装備やアイテムは使用回数があり、0になると壊れてしまいます。所持できる数も有限なため、何をダンジョンに持っていくのか選ばなくてはいけません。

また、どんな強力な武器もただ闇雲に使うのは危険です。モンスターの中にはダメージを受けた後に無敵時間に入るものもいるので、攻めているはずが手痛い反撃を受けることもあります。そのため、小さな箱庭の中を駆け巡って敵を避けつつ、確実に攻撃を当てていくことが要求されます。可愛らしい見た目とは裏腹に、スリリングな戦いがプレイヤーを待ち受けるでしょう。

箱庭えくすぷろーら
武器によって戦い方が大きく変わってくる。それぞれの特性をうまく活かそう。
 

プレイヤーが自由に冒険して道を開拓してゆく

『箱庭えくすぷろーら』では決められた進行順序はありません。街で情報を得た順でダンジョンを攻略することが出来るので、プレイヤーごとにまったく違う冒険が生まれます。ダンジョン自体も無理にモンスターと戦う必要はなく、ボスの待つ場所まで一気に駆け上ることも可能です。

自由だからと言って旅の目標が何もないわけではなく、冒険の達成度を示す「実績」が用意されています。内容はボスモンスターの討伐やエリア開通などの他に、隠し要素を探すユニークなものもあります。中には一定以上住人から嫌われないと達成できない実績も・・・。ゲームを隅々まで探索し尽くせたなら、あなたは立派な冒険者になれるでしょう。

箱庭えくすぷろーら
沢山用意された実績を埋めるために、各地を奔走するのが何より楽しい。そして達成率が100%になると・・・?
 
箱庭えくすぷろーら
嫌われ者だけが辿り着けるダンジョン「イミフメイフ」。その最深部で待つ者とは・・・?
 

箱庭を彩るメロディーとともに旅立とう!

最後に本作に絶対欠かせない要素として、全編書き下ろしのBGMがあります。作曲者は吉松たつゆき氏で、大河ドラマのように重厚な物語を描いたフリゲSRPG『グレイメルカ』へ楽曲提供もしています。

旅路をワクワクさせてくれるようなポップな曲が多いですが、エリアごとの四季感にマッチしたダンジョンBGMや、展開が目まぐるしく変わる熱い戦闘BGMも魅力的です。とある街にはデバッグルームがあり、ゲーム内で使用された楽曲を聞くことが出来ます。名曲揃いなので、ぜひ探してみてください。

箱庭えくすぷろーら
冒険後にデバッグルームでBGMを聴き、旅の思い出を振り返ることも出来る。
 
壮大な冒険を箱庭の中に凝縮させた本作は、手軽に濃厚な体験ができるゲームです。常に新しい発見があり、最初から最後まで遊び心に詰まっています。ときに強敵や罠にハマることもありますが、それを攻略したときの喜びは他では替えられないものです。興味を持ちましたら、ぜひ気軽に冒険の地へと足を踏み入れましょう!

[作品情報]
タイトル 『箱庭えくすぷろーら』
制作者 すき(suxamethonium)(制作者様サイトはこちら)
対応OS Windows 8/10 確認済み
プレイ時間 3~5時間程度
価格 無料

ダウンロードはこちらから
http://ux.getuploader.com/twsuxa/


もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。 (ご連絡全てにお返事をさし上げることができない旨、ご理解いただければ幸いです。)
  • 9e1ChcQL

    ノンジャンル人生(@nongenre_zinsei

    普段からRPGの考察と『メイジの転生録』の話ばかりしている人です。去年もぐらゲームスにて連載「フリーゲームをはじめよう。」を書かせて頂きました。今年も積みゲーとの格闘をしています。自身もRPGを制作しており、現在WEBサイト等を準備予定です。