「命」を削ってアイテムを買うローグライク風RPG『グレナサクリファイス』がダウンロード販売中

自分の最大HPを削ってアイテムを購入し、敵を倒し道を突き進むという独特なローグライク風RPG『グレナサクリファイス』。以前にもぐらゲームスで紹介した『ロードライトフェイス』の制作者であるud氏の新作となっている本作だが、今回、メロンブックスDLにてダウンロード販売が開始された。

取捨選択に悩み続けるRPG。フリーゲーム『ロードライト・フェイス』

image02
『グレナサクリファイス』ダウンロードページ

本作は、冒頭でも記したように「最大HPを削って武器やアイテムを買う」というシステムや、「アイテムを1つ失う代わりにHPを全回復する」システム、またアイテムの使用回数に制限がある中で、「最後の1回を使用する時には通常の3倍の効果を発揮する」「アイテムを使い切った際に手に入るポイントを使って能力値を上げる」という特殊なルールなどが特徴的なノンフィールドタイプのローグライクRPGに仕上がっている。

image00
使用回数が最後の1回であるアイテムを使うと「最後の一撃」を発揮できる

image01
アイテムを使い切って溜まったポイントで能力を強化しよう

RPGにおける、キャラクターの状態や所持アイテムなどを考慮したうえでの「意思決定」という側面に焦点を当てた本作。難易度も4つに分かれており、特に最上位の難易度「impossible」は一筋縄ではいかないだろう。ぜひ遊んでみてほしい作品だ。


注目のイベント情報:
12月2日 VTuberになろう!現役VTuber・3D・音のプロが教えるAll in One講座【初心者向け】

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。