「HSPプログラムコンテスト2015」が今年も開催。応募期間は8月1日から10月31日!

毎年開催されているフリーゲームのコンテスト「HSPプログラムコンテスト」が今年も開催される。8月1日からの応募に向けて現在仮の公式サイトがオープンしたところだ。

このHSPプログラムコンテストは、プログラム言語HSP(Hot Soup Processor)により全年齢を対象に作られたゲームや実用ソフトを募集し表彰するイベントだ。2003年から毎年開催され、10年以上続いている。これまでの累計応募作品数は4800本を超えるという、かなり老舗のコンテストだ。

HSPエディタは、Windows上で動作し、作成したスクリプトをandroidやiOSといったスマートフォンアプリとして動作させる機能を持った国産のオープンソースによるプログラミングツール。もぐらゲームスで以前インタビューした@Maruchu氏も毎年このコンテストに応募している。

毎年1本は個人でゲームを作り続ける―「カラフルマイン」制作者Maruchu氏インタビュー

コンテストの目的は技術の優劣ではなく、プログラミングの楽しさを広く知ってもらうとともに、発表の機会を提供したい、とのこと。応募する以外にも、ネット審査員の一人として作品の評価をする立場でコンテストに参加することも可能だ。

ネット審査員登録はこちらから。

昨年の総合最優秀・ツェナワークス賞を受賞したSTG『CHARYBDIS』。ステージに沿って回転しながら、サイドアームを自分で操作できる独特な操作感が特徴だ。

HSPでゲームを自作している人、これからゲームを作ってみようという人はぜひ挑戦してみてはいかがだろうか。


もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。 (ご連絡全てにお返事をさし上げることができない旨、ご理解いただければ幸いです。)
  • CDvLYAMUEAAVUI8

    すんくぼ(@tyranusii

    学生時代、MMORPG「リネージュ」で朝から晩まで飽くことなきレベル上げと戦争に没頭する毎日を送る。本業では廃人卒業後、国家公務員を経て、再びゲームの世界へ。「もぐらゲームス」を立ち上げました。ハマったゲームはライブアライブ、ファイアーエムブレム 聖戦の系譜、デモンズソウルなど。
    個人ブログもやってます:もぐらかペンギンか