「HSPプログラムコンテスト2017」入賞作品発表!全応募作品が無料でダウンロード可能

HSPプログラムコンテスト事務局は1日、「HSPプログラムコンテスト2017」の入賞作品を発表した。

「HSPプログラムコンテスト」は、プログラミング言語HSP(Hot Soup Processor)により作られた作品のコンテスト。2003年から毎年開催され、今年で15年目となる。2017年1月1日以降に発表された作品を対象に8月1日から10月31日まで作品募集が行われ、優秀賞や協賛各社による賞など49作品が入賞した。

総合最優秀・ツェナワークス賞を受賞したのは、3DアクションRPG『MUSE』。審査員からはチュートリアルの丁寧さやゲームバランスなどが評価された。本作の作者である魔女オイラ氏はHSPによるゲーム制作ツールも開発しており、審査員でありHSPの作者であるおにたま氏は「いままでツールやシステム面での研究をされていたと思いますが、それらが花開いた形になっています」というコメントを寄せている。

muse

総合最優秀・ツェナワークス賞を受賞した3DアクションRPG『MUSE』。さまざまな武器やスキルを駆使してダンジョンやイベントを攻略していく

優秀賞はデスクトップマスコット作成ツール『オレノヨメツクール』(ヒサ吉氏)が、優秀ゲーム賞は3Dシューティングゲーム『GLOBE GUNNER』(Makoto氏)が受賞した。また、HSPのスクリプトをスマートフォンなどのマルチプラットフォームで動作させるフレームワーク「HSP3Dish」向けの作品を表彰するHSP3Dish優秀賞は短編RPG『ファグモリィ2』(おそのもんぞ氏)が受賞している。

globe-gunner-1 globe-gunner-2

優秀ゲーム賞を受賞した3Dシューティングゲーム『GLOBE GUNNER』。周囲360度と上下を見渡すことができ、全方位から現れる敵を撃破していくレールシューター的な作品。ステージや敵のバリエーションも豊富だ

そのほかにも協賛各社の賞や審査員奨励賞など、さまざまな作品がピックアップされている。応募作品はすべて無料でダウンロード可能なので、気になる作品があればぜひ触れてみてほしい。


もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。 (ご連絡全てにお返事をさし上げることができない旨、ご理解いただければ幸いです。)
  • finalbeta-logo-icon-white

    中村友次郎(@finalbeta

    フリーゲームと同人ゲーム、日本ファルコム作品をこよなく愛するゲーム好き。システムに凝ったRPGをとくに好んでプレイします。
    過去に十数年ほど、窓の杜の連載記事「週末ゲーム」の編集と一部執筆を担当していました。