スマホ音楽ゲーム『リズムジア』が公開 曲がるノーツやスマホを傾ける演奏が特徴

スマートフォンで遊べる音楽ゲームには、小説化などもされたRayarkのヒット作『Deemo』や『VOEZ』、RPG風のファンタジー世界を冒険するような要素が特徴の『Lanota』、年内配信予定の『EQLIPSE』など、さまざまなゲームが発表されている。

そんな中、基本無料となる新たなスマホ音楽ゲーム『リズムジア』が配信開始となったので、紹介したい。

img_5611
リズムジア公式ページ  
 

本作は11月12日に配信開始となり、11月16日段階でAppStoreの「ゲーム/ミュージック」ジャンルでランキング19位となったとのこと。

ゲームシステムとしては、音楽に合わせて落ちてくる「ノーツ」をタップするタイプとなっているが、特徴的な要素として、落ちてくるノーツが左右に曲がったり、円状のサークルが出てきたらスマホを傾けての演奏を行うという要素だ。そのほかにも、さまざまな演出が存在する。
 
img_5607
 
img_5616
 
ゲームをプレイするスタイルは、机にスマホを置いてプレイする「SET」型、両手でスマホを持って、親指でプレイする「THUMB」型の2つ。特定のレベルの曲をクリアするほか、楽曲をプレイすることで入手できる鍵コインを集めて隠し曲を解放する「KEY STAGE」に挑戦することもできる。
 
img_5613
 
img_5612
 
ノーツの落ちてくる速度やタップした際の音色なども変更可能。今後はゲームとしての機能の拡大のほか、作曲家やアーティストとのコラボを行うことで、さらに多くの楽曲を配信していくとのこと。

[作品情報]
タイトル 『リズムジア』
制作者 ビタースウィートエンタテインメント(制作者様サイトはこちら)
対応OS iPhone、iPod touch および iPad 互換iOS8.0 以降 iPhone7及び7Plus用に最適化
価格 無料

ダウンロードはこちらから
https://itunes.apple.com/jp/app/rhythmsia/id1143591749?l=en&mt=8

(関連記事)
スマホ音楽ゲーム『Deemo』が切り拓いた「ゲーム的革新性」とは?数々の音ゲーと比較してみた
音で動く画面がめっちゃ気持ちいいスマホ音楽ゲーム『VOEZ』 リアルタイム進行青春物語がすごいぞ!
『スーパーフックガール』新作が発表!音楽ゲーム『EQLIPSE』PVも公開

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。