ゲーム音楽素材サイト「MIDINGER-Z」がオープン

現在ではゲームを「遊ぶ」人だけでなく、ゲームを「作る」人も増えてきている。もぐらゲームスでも、日々制作されるフリーゲームやインディゲームの紹介を行なってきた。今回は、そんなゲームの制作に不可欠な素材のうち「音楽素材」を扱うサイト「MIDINGER-Z」を紹介したい。

イメージ65589
MIDINGER-Z

MIDINGER-Zは、完全オリジナルのゲーム音楽BGM素材を配布するサイトだ。配布されている素材は基本的に無料となっており、基本的にはいかなるコンテンツへの利用も可能で、商業作品への使用や、楽曲の音量などの素材加工も許可されている。また今後、公開されている楽曲に様々な対応を加え、書き下ろし曲も追加した、数十曲単位でのパッケージ販売も予定しているとのこと。

オープンにしてから日が浅いものの、既に数曲の素材が公開されている。ゲーム音楽素材を探している人は一度覗いてみてはいかがだろうか?

こういった、ゲームを作るための素材に関する情報も、今後もぐらゲームスでは紹介していきたい。

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。