フリーゲーム『ムラサキ』。シンプルで楽しい爆発パズル物理アクションがPlayismで配信開始!Steamでの配信も予定

『愛と勇気とかしわもち』や『いりす症候群!』、『魔王物語物語』で知られるゲーム制作サークル「カタテマ」から6年ぶりにリリースされた新作『ムラサキ』。

もぐらゲームスでも以前に紹介記事として取り上げたが、公式サイトで謳われている「シンプルで楽しい爆発パズル物理アクション」という文句の通りの作品で、弾幕シューティングのような面白さも楽しめるゲームシステムが魅力的だ。そして世界を彩る音楽やグラフィックも魅力的で、見逃せないものとなっている。

『魔王物語物語』『いりす症候群!』のカタテマから6年ぶりの完全新作が登場。連鎖爆発パズル物理アクション+弾幕ゲー、その名も『ムラサキ』!

そんな『ムラサキ』だが、先日PCインディゲームのプラットフォームであるPlayismからの配信が開始された。

イメージ62669
Playism『ムラサキ』配信ページ

Playismでは、カタテマの過去作である『魔王物語物語』も配信されている。こちらは「物語」をテーマにした幻想的でメタフィクショナルな物語が展開されるRPGとなっている。敵キャラクターとまとめてエンカウントできるシステムや、拾えるものはなんでも装備できるシステムも特徴的で、プレイヤーに試行錯誤を楽しませてくれた。

イメージ62666
Playism『魔王物語物語』配信ページ

数多くの名作フリーゲームをリリースしてきた「カタテマ」の新作『ムラサキ』。まだプレイしていない方は、ぜひ遊んでみてはいかがだろうか?
なお、『ムラサキ』はSteamでも配信が予定されているようだ。こちらも続報を楽しみにしたい。


もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。