日本一ソフトウェアが新規インディゲームプロジェクトを開始

日本一ソフトウェアは、海外のインディータイトルを日本向けに移植・発売する新規プロジェクト「日本一 Indie Spirits(インディースピリッツ)」の立ち上げの立ち上げを発表。合わせて1月12日に公式サイトをオープンした。

日本一 Indie Spirits

日本一 Indie Spiritsの第1弾タイトルとしては、『Nidhogg(ニーズヘッグ)』、『Back to Bed(バックトゥベッド)』、『Emily Wants to Play(エミリーウォンツトゥプレイ)』の3タイトルの配信を予定。各タイトルの詳細な情報は下記のとおりだ。

Nidhogg(ニーズヘッグ)

 
『Nidhogg』は、剣を携えたフェンサーを操り、1対1の対決をくり返しながら前進し、ステージの最深部で巨大な怪物「ニーズヘッグ」に食べられることを目的とする、シンプルながら様々なアクションを体験できるアクションゲーム。

・受賞歴
Independent Games Festival’s Nuovo Award Winner 2011
Indiecade Game Design award Winner 2013

Back to Bed(バックトゥベッド)

 
『Back to Bed』では、プレイヤーは人面犬となり、夢の世界をさまよう「ボブ」をナビゲート、無事にベッドまで案内できればステージクリアとなる、アートな世界を舞台としたパズルゲーム。こちらは以前に、もぐらゲームスにて紹介を行っている。

彷徨う夢遊病者をベッドに連れて行くスマホパズルゲーム『Back to Bed』

・受賞歴 ©Bedtime Digital Games,
Dutch Game Awards 2012: Guts & Glory Award
IGF Student Showcase Winner 2013

Emily Wants to Play(エミリーウォンツトゥプレイ)

 
『Emily Wants to Play』は、不気味な屋敷に閉じ込められた主人公を操作して、脱出方法を見つけ出すホラーゲーム。暴力や流血シーンはないが、趣向を凝らした演出による恐怖を体験できるとのこと。

コンシューマゲーム企業によるインディゲーム関連プロジェクトは、ほかにも任天堂の「Nindies」や、フリューによるインディ・ノベルゲームの配信レーベル「カタルヒト」などが存在している。今後も、様々な企業のインディゲーム関連プロジェクトに期待したいところだ。

(関連記事)
名作インディーゲームADVの配信レーベル「カタルヒト」の公式サイトが公開
任天堂、インディーゲームの祭典「BitSummit」に出展!Wii U・ニンテンドー3DSの計14タイトル

もぐらゲームスでは現在ライターを募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。