『Mother』『ゆめにっき』的世界観のインディゲーム『OMORI』 新トレーラーが年末公開予定

『OMORI』はイラストレーターのOMOCAT氏を中心に制作されているインディゲーム。2014年にクラウドファンディングプラットフォーム「kickstarter」にて約20万ドル(約2,200万円)の支援を獲得し、日本でも本作の醸す『ゆめにっき』や『MOTHER』的な世界観が話題となっていた作品だ。

本作は長らく開発中であったが、本日12月1日、kickstarterのページにて今年に加入した新チームメンバーの紹介、および年末に新トレイラーが公開されることが明らかになった。


 
26-w400
『OMORI』kickstarterページ
 
5-w400
 
今回、更新が行われたkickstarterのページでは、下記のような制作中のアートワークなどが掲載されている。当時、大きな話題となり、いまも完成が待ち望まれている作品だけに、今後の詳細を楽しみに待ちたいところだ。
 
0dded6bdbfbe600ab960e78410345e51_original
 
2a8442cb367d46bf5d4e97254682ebbd_original

『OMORI』kickstarterページ

もぐらゲームスでは現在ライターを募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。