人気ローグライクRPG『片道勇者』がTRPGに!『片道勇者TRPG』が発売決定

「強制横スクロール」と「ローグライクRPG」というゲームアイデアを融合した人気のインディゲーム『片道勇者』。もぐらゲームスでもレビューを掲載しており、また作者であるSmokingWOLF氏へのインタビューも行っている。

行きて帰らぬ物語―いやプレイヤー的な意味で。 SilverSecond『片道勇者』レビュー

ゲームの半分はフリーゲームとして作り続けたい ―開発者SmokingWolf氏インタビュー(前編)

「欲しい」と思われるものを作る―ゲーム開発者SmokingWOLF氏インタビュー(後編)

そんな人気作品である『片道勇者』だが、今回、TRPG作品『片道勇者TRPG』として発売されることが、富士見ドラゴンブックの「TRPG新作発表会」で発表された。

ゲームデザイナーは、冒険企画局にて『ブラッドムーン』など多くのTRPGを製作してきた齋藤高吉氏。発表会では「TRPG初心者にこそ楽しんでほしい」という想いや、「キャラクターの死をゲームシステムに組み込む」という独自要素などが語られた。今回は、発表会で使用されたスライドを紹介し、具体的な情報をお伝えしたい。

image image image image image image image image

本作に関する展開は今後も様々にありそうだ。『片道勇者』のファンは、ぜひ発売を楽しみにしてはいかがだろうか。


もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。 (ご連絡全てにお返事をさし上げることができない旨、ご理解いただければ幸いです。)
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。