レトロゲームのような世界!ドット絵で作られた作品展示会「Pixel Art Park」が明日開催

かつてのファミコンソフトといったレトロゲームから、最近ではスマートフォンなどで配信されるインディゲームやフリーゲームなど、様々なゲーム作品でも使用されていることで、魅力ある表現手法としての再認知もなされている「ドット絵」。

今回、そんな「ドット絵」で作られたゲーム作品の展示・グッズ販売・ドット絵グッズの制作セミナーや、ピコピコサウンドのミニライブ……などなど、ドット絵に関する様々な企画が集まったイベント「Pixel Art Park」が、明日10月18日(日)の11:00から19:00まで、東京都千代田外神田の「3331 Arts Chiyoda」にて開催される。

「Pixel Art Park」公式サイト

イメージ52605
 

「Pixel Art Park(ぴくせるあーとぱーく)」は、ドット絵好きによるドット絵のイベントです。今回は、17組のクリエイターそれぞれのドット絵作品を展開します。体験型のゲームやアプリ、似顔絵、その場でつくれるドット絵(アイロンビーズ)のワークショップ、彫刻、イラスト、ハンドメイドアクセサリー、グッズ販売、ピコピコな音楽のミニライブなど、様々なドット絵作品を楽しむことができます。

大人には懐かしく、子どもには新しい1日限定のドット絵ワールド「Pixel Art Park」!レトロだけど新しい、デジタルだけどあったかい、かっこいいのにかわいい、そんな不思議な世界へいらしてください。入場無料です。

公式サイトより引用)

 
このイベントの主催であるTECO氏は、「10人協力ゲーム」という珍しいジャンルである『PICO PARK』というインディゲームを作っている制作者だ。他の出展者の中にも、フリーゲームの制作や、ゲームのドット絵を制作されている方がおり、ゲームとドット絵の関係の深さを改めて感じることが出来る。


TECO氏の制作する『PICO PARK』プロモーション動画

イベントの詳細は公式ページに掲載されているので、チェックして頂きたい。レトロ風ゲームの世界観を愛する人は、ぜひ参加してはいかがだろうか?

「Pixel Art Park」公式サイト


  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。