フリーゲームをブラウザで遊べる「PLiCy」登録作品数が1万を突破、RPG製作ツール「GAME DESIGNER WORLD」開発も発表

ブラウザで遊べるフリーゲーム投稿・配信サービス「PLiCy(プリシー)」。現在様々な作品が公開されている同サイトだが、2017年1月10日、配信中のゲーム作品数が10,000作品を突破したことが発表された。

imageload-1
PLiCy公式サイト 

フリーゲーム投稿・配信サービス「PLiCy」は、個人で製作したゲームの投稿・配信サービス。全ての投稿作品はWebブラウザ/Android/iOSなどマルチプラットフォームでプレイ可能となっていることが特徴。また、「Unity」、「RPGツクール」シリーズや「WOLF RPGエディター」、「ティラノスクリプト」をはじめとしたゲーム制作ツールによる投稿や、HTMLゲームの直接投稿にも対応している。

また、同社にてRPG製作ツール「GAME DESIGNER WORLD(仮題)」の開発を開始したことも発表された。同ツールは、これまでに同社のリリースした「pli-log」「GAME DESIGNER ACTION」と同様、PLiCyサイト上で本格的なRPGが作成可能なwebサービスとして開発が行われており、年内のサービス開始を予定。初心者から既存ツール経験者まで、幅広く使えるツールを目指して開発しているとのこと。

imageload

なお、PLiCyでは、投稿されたゲームを対象としたゲームコンテストもこれまでに行っている。気になる作品があるかチェックしてみてはいかがだろうか。

フリーゲームコンテスト「第三回 PLiCyゲームコンテスト」結果発表

もぐらゲームスでは現在ライターを募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。
  • t49vyzfq

    もぐらゲームス編集部