美しくも切ない兄と妹の悲劇。フリーホラーゲーム『PRICE』

昨日紹介したフリーゲーム『第七号車』。

フリーゲーム『第七号車』レビュー。列車で出会った少女の物語、心を癒やす旅路。

その中→日翻訳を手がけた悲しき魚さんが新たに翻訳したフリーゲームが先日7月17日にリリースされた。

フリーゲーム『PRICE』。
貧しい兄妹をめぐる美しくも儚い物語だ。

フリーホラーゲームというと、『Ib』や『霧雨の降る森』など、RPGツクール等で作られた探索型のアドベンチャーゲームが多いが、このゲームは違う。

横スクロールで狭い部屋の中を探しまわる脱出ゲームだ。謎を解いていくと、悲しいストーリーも明らかになってくる。その丁寧な作りこみが素晴らしい。

とにかく美しく、悲しい世界観

起動してまず感じたことは、画面が綺麗だということ。
その中に常に悲劇の要素が織り込まれているので、何か怖いこと、悲しいことが起きることをひしひしと予感させる。

image05
メニュー画面。選択すると五線譜の上にト音記号が現れる。

そして始まるのは悲しくも激しい音楽とともに流れるオープニングムービー。
描写される美しい兄妹。そして、血、不吉な影。

決して3Dのキャラがぬるぬる動くド派手なムービーではない。だが、その印象は強烈だ。日本人制作者サークル「小麦畑」のフリーゲーム『デンシャ』のような、インパクトのあるそして劇的なオープニングを彷彿とさせる。

フリーホラーゲーム『デンシャ』
http://wheat.x0.to/game/densya/

筆者はこのOPの時点でグッとこの不気味な世界に引き込まれた。

オープニングや冒頭でストーリーは多くは語られない。ムービーが終わると主人公である兄・イヴリーが目を覚ますと妹・イヴァーの部屋にいたところからゲームが始まる。

部屋から出るための鍵を探して謎解きをしていくにつれて、この兄妹にまつわるエピソードも明らかになっていく。

見えてくる悲劇、その丁寧な織り込み

このゲームは、部屋から出るゲーム。いわゆる脱出ゲームと同じ要領で進んでいく。
部屋の中をクリックして探索し、発見した手がかりを組み合わせ、使っていこう。

image00
とにかく探し回ろう。一度探したところも、ストーリーが進んだ後でもう一度調べるとなにか見つかるかもしれない。

image04
手がかりを組み合わせることができる場合とできない場合がある。色々な組み合わせを試してみよう。

謎解き=ストーリーを進めていくと時々、シーンのアップが現れる。

image01

こうした演出も、自然に組み込まれていて非常に臨場感がある。

この部屋を出ることができた時、果たして彼は妹に会えるのだろうか。

image03
このシーンは一体!?そして・・・。

ストーリーはいよいよ核心に近づいていく。

このゲームの醍醐味は、謎を解いていくと、悲しいストーリーも明らかになってくること。ネタバレは厳禁だ。何が起きるのかはぜひ自分でプレイしてみてほしい。

タイトル PRICE
制作者 夜兎ADV (翻訳者は悲しき魚氏)
クリア時間 1~2時間
対応OS Win
価格 無料
備考 右クリックでメニュー画面が開き、セーブができます

DLはこちらから
http://www.freem.ne.jp/win/game/7149

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • CDvLYAMUEAAVUI8

    すんくぼ(@tyranusii

    学生時代、MMORPG「リネージュ」で朝から晩まで飽くことなきレベル上げと戦争に没頭する毎日を送る。本業では廃人卒業後、国家公務員を経て、再びゲームの世界へ。「もぐらゲームス」を立ち上げました。ハマったゲームはライブアライブ、ファイアーエムブレム 聖戦の系譜、デモンズソウルなど。
    個人ブログもやってます:もぐらかペンギンか