ゲームデザイナー・加賀昭三氏が同人ゲームを制作中

ゲームデザイナー・加賀昭三氏が、同人ゲームを製作中であることが本人のブログにて発表された。

ゲームの制作には、先日もぐらゲームスでも紹介した『SRPG Studio』を使用しているとのこと。『SRPG Studio』は、ゲームプレイヤーの間でも根強い人気を誇る「シミュレーションRPG」というジャンルを制作できるゲーム制作ツールということで、公開後に話題となっている。

名作シミュレーションRPGのような作品が作れる!期待のゲーム制作ツール「SRPG Studio」

th_image00
『SRPG Studio』(本画像は加賀氏が制作中のゲームとは関係ありません)

ゲーム制作の概要については、本人のブログにて書かれている。

D’sノート – 『SRPG Studio』素材提供のお願い
(※2015/05/07時点にて、素材の募集は終了している)

加賀氏のブログ記事によると、個人的なプロジェクトとして同人ゲーム制作を進めているようだ。完成した際には無償頒布を行う予定。現状の完成見込みや制作期間などは不明のようだが、完成をじっくりと待ちたいところだ。

もぐらゲームスでは現在ライターを募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。