スタイリッシュSFシューティングバイクレースRPGwithラーメン『Desert Child』

desert-child-1

いきなりのジャンルマシマシ全部盛りに面食らうかもしれないが、この作品を1フレーズで言い表そうとするならばこのようなことになるのは避けられないだろう。端的に言えば怪作の部類である。

『Desart Child』はOscar Brittain氏の制作によるレーシングRPG。
2017年6月にデモ版が公開された後、kickstarterによるファウンディングを経て開発が進められ、2018年12月11日に正式リリースとなった。Alpaka Gamesの販売でWindows PC/Nintendo Switch/PlayStation4/XBox Oneの各機種でリリースされており、日本語表記にも対応している。

ホバーバイクレーサーとなり、最低の惑星から抜け出せ

舞台は荒れ果てた地球。居住可能地域が狭まり、もはや星を脱出するしか希望の無い状態の中、政府は突如として移住許可を締め切る発表を行う。
捨て子たるバイクレーサーは地球が爆発してしまう前に火星へ向かうためのチケットを入手するべく賞金稼ぎに奔走することとなる。

desert-child-2

頼れるものはガレージに残された愛車のホバーバイクと銃一丁。残された時間は、14日。

desert-child-3

本作ではプレイヤーはバイクレーサーとなり、14日の期間のうちに資金を稼いで火星行きのチケットを入手することが目的となる。
ゲーム開始時にはガレージで銃を一丁だけ選択することができる。
銃には癖のない直進型や、ショットガンタイプの短距離拡散型などの種類が存在している。銃の選択は後々の難易度設定も兼ねているため慎重に選択しよう。

desert-child-4

市街では各施設でバイクの修理やレースへの登録、食事などを行うことができる。
バイクレースでパフォーマンスを発揮するには、バイクと搭乗者、その双方のコンディションが重要になる。
質屋でアイテムを質に入れるなどして資金を得て、それを元手にバイクの修理をし、完全栄養食・ラーメンで腹ごしらえをしよう。

desert-child-5

そう、ラーメンだ。SFで麺類といえば、映画『ブレードランナー』の「2つで十分ですよ、わかってくださいよ」という有名な台詞を連想する向きもあるだろう。こと本作においては、レースで打ちのめされた後になけなしの金を払って食べる具なしラーメンの哀しみは何物にも換えがたい。どれだけサイバネティクスが進化しようとも人間とハングリーは切りはなせないものであり、本作に流れるサイバーパンクの血を感じさせる象徴的な存在と言える。

その走りはただひたすらにスタイリッシュ

本作のメインともいえるレースパートは横スクロール方式となっている。
バイクを操作してブーストゲージを消費して加速するブースト、ショットを駆使し、別のレーサーと1対1の直接対決で競い合って先にゴールすれば勝利となり賞金を獲得できる。

desert-child-6

ショットはライバルを直接妨害したり、ドローンを撃ち落としてスピードアップすることが可能。
また、ショットには弾数制限が存在しており、弾切れとなった場合は補給車が登場し、弾数を補充することができる。ただし要注意ポイントとして、この補給車にはブーストを使わないと追い付くことができない。コンディション等によってはブースト切れと弾切れの両方を引き起こして泣き寝入りの状態に陥ってしまうことになる。
過度に銃を連射したりブーストしたりせず、的確にドローンを射抜きつつ、ここぞのタイミングで差しに行くようにするのがレースを勝ち抜くポイントだ。

desert-child-7

パースの効いた背景に、高速スクロールと粗い粒度で描かれた砂埃や水飛沫が組み合わさることで生まれる荒々しい疾走感、レースでゴールインすると共にビタリと止まるBGMといった切れ味抜群の演出の数々は、スタイリッシュという以外の言葉を探すことのほうが難しい。
勝利のカットインと共にブーストを思い切り吹かして格好を付けたくなるような、そんなクールさに満ち溢れている。

desert-child-8

目指すは栄光の「グランプリ」

desert-child-9

大枚をはたいて無事に火星行きのチケットを入手できたら、次はレーサー最大の晴れ舞台である「グランプリ」への挑戦が目標となる。しかしグランプリに参加するには多大な参加料が必要になる。また金か。

desert-child-10

実際のところグランプリ参加料はレースの稼ぎだけではなかなか到達することのできない金額となっているため、悪態のひとつやふたつも吐きたくなる。幸いにも火星は地球よりも栄えている場所であり、いくらかの働き口があるので、様々な”アルバイト”に手を染め…精を出すのが良いだろう。

desert-child-11

加えて火星到着後にはバイクのカスタマイズ機能が解禁される。パーツを集めて愛車をチューンし、来たるべきグランプリでの戦いに備えよう。

本作は「スタイリッシュさ」という一点に強烈に尖った作品であり、その一点においてだけでも手に取るだけの価値はあるといえる。ぜひともそのスタイリッシュさを堪能してほしい。

[基本情報]
タイトル: Desart Child
制作者: Oscar Britain
クリア時間: 5時間~
対応OS: Windows
価格:  $11.99 / ¥1280

↓ダウンロードはこちらから
(Steam)

(Nintendo Switch)
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000010508

(PlayStation4)
https://www.jp.playstation.com/games/desert-child-ps4/

(Xbox One)
https://www.microsoft.com/ja-jp/p/desert-child/c5jnn7bzf8cc

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • image09

    真野 崇(@tacashi

    フリーゲームと共に四半世紀を生きるフリゲ馬鹿一代。
    フリーゲームのレビューブログ「自由遊戯黙示録」を経て、自身のフリゲ人生を集約した、フリーゲーム・同人ゲーム・インディーズゲームの年代記「自主制作ゲーム史論」を執筆。