『スーパーフックガール』制作サークルの新作音ゲー 『EQLIPSE』が開発中

アクション・フリーゲームの人気作『ニュー・スーパーフックガール』を制作したサークル「Qpic」の新作『EQLIPSE』が開発中となっている。ゲームジャンルはリズムゲームとなっており、公式Twitterにて情報が公開されている。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b879492
EQLIPSE 情報ページ

公式サイトの情報によると、EQLIPSEはiOS/Androidタブレット向けとなるリズムゲーム。ゲームプログラミングやデザインのほか、収録している曲の制作やジャケットイラスト、譜面など、すべてをオリジナル素材で制作中とのこと。

収録曲はメインのサウンドクリエイター4名+αで制作され、ゲームセンターで遊べる音楽ゲームのようなインスト曲のほか、ボーカロイド曲、生ボーカル曲なども存在。全てを合わせると30曲以上になる予定となっている。

ゲームシステムとしては、曲に合わせて4つのレーンを流れてくるノーツをタイミングよくタップしていくもの。特徴的なシステムとしては、下側のレーンとは別に画面上半分に広がる、扇状のドーム型レーンの存在。ここに流れてくる流星を、同じくタイミングよくタップ・スライドを行う。この2つのレーンによって、シンプルながら疾走感のあるゲームを目指しているとのこと。

なお、本作に収録される音楽には、『ニュー・スーパーフックガール』のステージ楽曲も含まれる予定となっている。完成予定は2016年秋とのことで、今後の情報を待ちたいところだ。


もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。 (ご連絡全てにお返事をさし上げることができない旨、ご理解いただければ幸いです。)
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。