SRPG『新説魔法少女』IFシナリオ追加版DL販売開始など ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題はフリーゲームとして人気を博したシミュレーションRPGの有償版発売など7本です。

シミュレーションRPG『新説魔法少女+』ダウンロード販売開始

new-mahou-syoujo-plus-1 new-mahou-syoujo-plus-2

TS氏(信じた馬鹿が俺だった。)がフリーゲームとして公開しているシミュレーションRPG『新説魔法少女』の有償版『新説魔法少女+』のダウンロード販売が16日に開始された。

モンスターから町を守るため変身して戦う少女達を描く作品。「+」版ではIFストーリーとしてプレイヤーキャラクターとシナリオが一新された高難易度モード「パラレル」が追加されている。「パラレル」の公称プレイ時間は30時間で、フリーゲーム版のクリアデータを引き継いで「パラレル」をプレイすることも可能とのこと。

なお、「+」版のレーティングはフリーゲーム版と同様にR-15だが、販売サイトのDLsiteがR-15作品とR-18作品で売場が分かれていない都合上、購入ページは18歳以上のみアクセス可能となっている。

新説魔法少女+

新説魔法少女+(信馬鹿)
フリーゲーム、新説魔法少女のIFシナリオ追加版。

民話系乙女ゲーム『ヒトツノ森』体験版・PV公開

hitotsu-no-mori-1 hitotsu-no-mori-2

ゲーム制作サークルミナプラスは11日、民話系乙女ゲーム『ヒトツノ森』の体験版およびPVを公開した。体験版はダウンロード版とブラウザ版が用意されている。

かつて守護獣が鬼を封印したという島が舞台で、不思議な力を使う少女シュカが主人公の作品。動植物の研究をしている青年ハクオウや、ある目的のためシュカの力を求めてやってきたイバラといった人物達と出会いながら物語が展開していく。

ノベルゲーム『CODA』File_1公開

coda-file-1

冷蔵庫氏(Summertime)は15日、フリーノベルゲーム『CODA』のFile_1を公開した。

現代とは異なる時代の日本が舞台の作品。連作での公開が予定されている模様。

短編アドベンチャーRPG『風のリュート ~恋人未満の戦士たち~』バージョン2.00公開

wind-lute-200-1 wind-lute-200-2

Moon☆Windは11日、フリーゲームの短編アドベンチャーRPG『風のリュート ~恋人未満の戦士たち~』のバージョン2.00を公開した。

半魔族の戦士リュートと、神官戦士のティリスという男女ペアの冒険者による冒険譚を描く作品。甘めの恋愛要素や、物語の展開に応じて発生する自作システムによる戦闘などが見どころとなっている。

バージョン2.00では本編の全エンドクリア後にプレイ可能な新シナリオが追加された。

リアルタイムバトルアクションゲーム『リトルセイバー』Steam配信開始

little-savior

おのでら氏はリアルタイムバトルアクションゲーム『リトルセイバー』のSteam配信を開始した。初リリースは今年3月で、体験版も公開されている。

ビットアイランドに生息する生物「ビット」の暴走を止めるべく戦うというステージクリア型の作品。2Dトップビューのフィールド上で、多数のユニットがリアルタイムに戦い合うシステムとなっている。プレイヤーはそのうちの一人を操作し、他のユニットはあらかじめ設定した命令に沿って行動する。操作するユニットは随時切り替えることが可能。

ステージをクリアすると戦ったビットの中から一定数のビットを仲間にすることができ、チームを編成して戦うのも特徴となっている。ローカルで4人までの協力プレイにも対応する。

RPG『Labyrinth Star』『Mystic Star』楽曲ダウンロードページ開設

フリーゲームのRPG『Labyrinth Star』および『Mystic Star』(紹介記事)の作者である砂川赳氏(New RPG Project)は17日、ゲーム内の自作曲を鑑賞・ダウンロードできる「音楽室」ページをブログ内に開設した。

楽曲は随時公開予定で、17日現在は『Labyrinth Star』の曲が公開されている。「ゲーム中で使用されているものより、音質が若干良かったり、演奏時間が長めだったりします」とのこと。砂川氏による各曲のコメントも掲載されている。

インディーデベロッパーコミュニティ「Indie Stream」終了

インディーデベロッパーのコミュニティIndie Streamの運営事務局は14日、6月20日をもってIndie StreamおよびとIndie StreamのWebサイトを閉鎖することを発表した。Webサイトにある情報などはすべて削除されるとのこと。

Indie Streamは2013年に開始され、参加デベロッパーやメディア等が情報のポータルとして利用できるユーザーページの提供や、イベント「INDIE STREAM FES」の開催などを行ってきた。発表では閉鎖の理由について「インディーゲームが活躍する場を世界中に拡げることが容易にできる時代となり、Indie Streamはその役目を終えた」ことを挙げている。

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • finalbeta-logo-icon-white

    中村友次郎(@finalbeta

    フリーゲームと同人ゲーム、日本ファルコム作品をこよなく愛するゲーム好き。システムに凝ったRPGをとくに好んでプレイします。
    過去に十数年ほど、窓の杜の連載記事「週末ゲーム」の編集と一部執筆を担当していました。