フリーゲーム『被虐のノエル』コンシューマ化発表など ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題はフリーゲームのコンシューマ化に関するものなど7本です。

伝奇アドベンチャーゲーム『被虐のノエル』コンシューマ化発表

noel-console-announce

連載型の伝奇アドベンチャーゲーム『被虐のノエル』のコンシューマ化が発表された。

カナヲ氏が株式会社バカーのゲーム配信サイト「ゲームマガジン」でフリーゲームとして連載している作品。契約によって願いを叶える悪魔が実在する世界の港町「ラプラス市」を主な舞台に、両手両足を奪われた少女ノエルと大悪魔カロンのコンビによる復讐の物語が描かれる(紹介記事)。

コンシューマ版はPS4/Nintendo Switch/Xbox Oneの3機種でリリース予定。まずは連載のSeason1~Season3までが第一弾としてコンシューマ化されるとのこと。コンシューマ版ではキャラクターイラストの追加、演出やゲーム要素のアップデートが施され、さらに新規エピソードも追加されるという。

3Dアクションアドベンチャー&リズムゲーム『ジラフとアンニカ』PS4/Switch版発売日決定

giraffe-and-annika-console-announce

PLAYISMは4月16日、atelier mimina開発の3Dアクションアドベンチャー&リズムゲーム『ジラフとアンニカ』のPS4版およびNintendo Switch版の発売日を発表した。8月27日にパッケージおよびダウンロードで発売予定。パッケージ版の初回限定特典として、 設定資料集とノートが一つになった「アンニカノート」や16曲入りの「オリジナルサウンドトラック」が付属する。

猫耳少女のアンニカがふしぎな島「スピカ島」を冒険する作品。さまざまな仕掛けのあるダンジョンや、リズムパートによるボス戦、コミック風のストーリー演出などが特徴となっている。PC版はSteamにて2月より配信中。

経営&ハンティングアクションゲーム『マジックポーション・ミリオネア』完成版PV公開 

ゲーム開発サークルARTIFACTSは、経営&ハンティングアクションゲーム『マジックポーション・ミリオネア』の完成版PVを公開した。合わせて、完成版が4月下旬にリリース予定であることが告知された。

魔法の薬屋の店主パステルが、ダンジョンで素材を集めて薬を作ってお金稼ぎをしていくという作品。ダンジョンはマップがランダムに生成され、近接攻撃やさまざまなタイプのショット、魔法薬を駆使して攻略していく。稼いだお金で装備品を購入し、パステルの能力を強化していく要素なども特徴。

館脱出ストラテジー『マジックポーション・デストロイヤー』実績機能非搭載版ダウンロード販売開始

ゲーム開発サークルARTIFACTSは、館脱出ストラテジー『マジックポーション・デストロイヤー』実績機能非搭載版のダウンロード販売をDLsiteおよびBOOTHにて開始した。本作は2017年にSteamでリリースされた作品だが、今回発売されたバージョンはSteamの実績機能に非対応な代わりに価格が抑えられている。

魔女の館に囚われた主人公クローディアが脱出を目指して戦っていく、リソース管理型のストラテジーゲーム。戦闘は自動進行で、強化魔法や魔法薬を駆使してキャラクターを強化し、全30ステージのクリアを目指す。条件によってエンディングは5つに分岐する。

なお、本作は同サークルの新作『マジックポーション・ミリオネア』とも世界観を共有するシリーズ作品で、主人公のクローディアは『マジックポーション・ミリオネア』にも登場する。

マジックポーション・デストロイヤー(ARTIFACTS)
魔女の館にとらわれて3年…彼女はついに実力行使での脱出を図った。戦慄の館脱出ストラテジー。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite

ノベルゲーム『滅亡するクロックパルス』作品情報公開

クリエイティブコンテンツ制作チームSowChildは4月13日にから17日にかけて、現在制作中のノベルゲーム『滅亡するクロックパルス』の情報をpixivFANBOXにて公開した。

『滅亡するクロックパルス』は、他人の過去の視点に潜り込む異能力をもつ主人公の灰羽ミヨコが、15年前に解決したはずの猟奇殺人事件に挑むという作品。今回はストーリーキャラクター舞台世界観楽曲について計5本の記事で情報が公開された。なお、「世界観」の記事によると本作はSowChild代表のまきな氏の過去作『虚構英雄ジンガイア』(紹介記事)と同一世界観の作品とのこと。

格闘ゲーム『グーニャファイター』おうちであそぼうセール開催

株式会社MUTANは4月16日、Nintendo Switch向け格闘ゲーム『グーニャファイター』の「おうちであそぼうセール」を開始した。期間は5月12日まで。

ぐにゃぐにゃした動きですぐ倒れたり吹き飛ぶキャラクターが独特のプレイ感を醸し出す作品。ローカル・オンラインで4人までの対戦ができ、全90個に及ぶ多彩なギミックを備えたステージも特徴となっている。セール中は通常価格2,750円(税込)のところ93% OFFの198円(税込)で購入可能。

「コミックマーケット98カタログ」電子書籍版発売

「コミックマーケット98カタログ」電子書籍版が4月18日に発売された。

5月に開催予定だった同人誌即売会「コミックマーケット98」は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となったが、カタログはすでに印刷・製本工程に入っているため発売となり、コミックマーケット準備会より「コミックマーケットの継続に対するご支援・ご協力という意味で、ぜひご購入をお願いします」と呼びかけられていた。さらに準備会による「エアコミケ」企画の一環として、通常は販売されない電子書籍版が販売されることとなった。

「コミックマーケット98カタログ」電子書籍版はDLsiteBOOK☆WALKERなどで購入可能。なお、DLsiteでは同サイトでの同人作品の購入に利用できる1,000円分のクーポンが、BOOK☆WALKERでは同サイトでの同人誌・個人出版作品の購入に利用できる500円分のクーポンが付属する。

コミックマーケット98カタログ 電子書籍版(コミックマーケット準備会)
コミックマーケット98カタログ電子書籍版です。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite


  • finalbeta-logo-icon-white

    中村友次郎(@finalbeta

    フリーゲームと同人ゲーム、日本ファルコム作品をこよなく愛するゲーム好き。システムに凝ったRPGをとくに好んでプレイします。スマホRPGは「メギド72」激推し。
    過去に十数年ほど、窓の杜の連載記事「週末ゲーム」の編集と一部執筆を担当していました。