伝奇ADV『被虐のノエル』LINEスタンプ発売など ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は3件です。

伝奇アドベンチャーゲーム『被虐のノエル』LINEスタンプ発売

カナヲ氏が株式会社バカーのゲーム配信サイト「ゲームマガジン」にて連載型のフリーゲームとして配信している伝奇アドベンチャーゲーム『被虐のノエル』のLINEスタンプが発売された。

『被虐のノエル』は、契約によって願いを叶える悪魔が実在する世界の港町「ラプラス市」を主な舞台に、両手両足を奪われた少女ノエルと大悪魔カロンのコンビによる復讐の物語を描く作品(紹介記事)。スタンプは作品に登場するキャラクター達をあしらった描き下ろしのものが全40種類収録されている。

合わせて、本作の今後の展開に関する告知も行われた。PS4/Nintendo Switch/Xbox One向けにリリースが予定されているコンシューマ版では、追加エピソードとしてSeason3.5の追加されるという。また、連載本編は“最終決戦”に突入し、大詰めの展開に入るとのこと。

「ファタモルガーナの館 デジタルアーカイブ」特典付き限定セット受注開始

Novectacleのノベルゲーム『ファタモルガーナの館』のイラストをスマートフォンで閲覧できるデジタル作品集「ファタモルガーナの館 デジタルアーカイブ」の特典付き限定セットの受注が8月14日に開始された。

「ファタモルガーナの館 デジタルアーカイブ」はAndroid/iOSで動作するブラウザアプリで、『ファタモルガーナの館』本編・外伝のイベントCGのほか、グッズや特典、イベント等のために制作された数々のイラストを150点以上収録。また、ムービー(PV)を6点収録する。

アニメイトゲームスの独占販売タイトルとなっており、DLカード単品のほか、さまざまな特典の付いた限定セットが用意される。限定セットは受注生産で、受注期間は9月22日まで。「ファタモルガーナの館 デジタルアーカイブ」自体は発売後いつでも購入可能。

アクションゲーム『Minoria』コンシューマ版発売日決定、 トレイラー公開

DANGEN Entertainmentは8月11日、Bombservice開発のアクションゲーム『Minoria』のコンシューマ版の発売日が2020年9月10日となったことを発表した。PS4/Nintendo Switch/Xbox One向けにリリース予定。あわせてコンシューマ版のトレイラーも公開されている。

“Momodora”シリーズ(参考:シリーズ最新作『Momodora:月下のレクイエム』のレビュー)のデベロッパーによる最新作で、剣と呪文による攻撃や、回転避けやパリィといったアクションで戦っていく。手描き2Dアートとトゥーンレンダリングを組み合わせたグラフィックも特徴。PC版は2019年8月にリリースされた。


  • finalbeta-logo-icon-white

    中村友次郎(@finalbeta

    フリーゲームと同人ゲーム、日本ファルコム作品をこよなく愛するゲーム好き。システムに凝ったRPGをとくに好んでプレイします。スマホRPGは「メギド72」激推し。
    過去に十数年ほど、窓の杜の連載記事「週末ゲーム」の編集と一部執筆を担当していました。