人気スマホゲーム『ひとりぼっち惑星』サーバーダウンで一部機能が停止

最近、大きな話題となっているスマホゲーム『ひとりぼっち惑星』。もぐらゲームスでも先日、記事にて数回取り上げた作品だ。

放置型スマホゲーム『ひとりぼっち惑星』。ひとりぼっちのいきものは、惑星で誰かの「こえ」を探す。

切ないメッセージで話題のゲーム『ひとりぼっち惑星』情報まとめ

そんな話題の本作だが、6月27日現在、あまりの人気のためゲームで使用しているサーバーに大量アクセスが発生、停止したことにより、プレイヤー同士が声を「そうしん」「じゅしん」する機能が使用できなくなっている。

screenShot
アンテナでメッセージを「じゅしん」しようとすると、エラーメッセージが表示される

使用できない機能は「プレイヤー同士が声を送受信する」機能であり、あらかじめゲーム内に組み込まれている6つのメッセージは受け取ることができる。復旧は気長に待ちたいところだ。

また、送受信ができない間は、『ひとりぼっち惑星』制作者のところにょり氏の過去作『ひとほろぼし』や『ひとたがやし』を遊んでみることをぜひオススメしたい。

『ひとほろぼし』
Android版
Android app on Google Play

iOS版

『ひとたがやし』
Android版
Android app on Google Play

iOS版

[基本情報]
タイトル 『ひとりぼっち惑星』
制作者 ところにょり
クリア時間 3時間~
対応OS Android(2.3以上) / iOS
価格 無料(ゲーム内課金あり)

ダウンロードはこちらから
Android版
Android app on Google Play

iOS版

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。