最高の一日は、何ですか。水彩画調アドベンチャー『すみれの空』

子供の頃のこと、田舎のこと。いざ思い返してみると、それは果たしてどのようなものだっただろうか。産まれてこのかた都会暮らしの筆者にとっては、祖父母の待つ田舎と言うのは「帰る」場所というよりも「行く」場所だった。慣れない食事やおっかない祖父の事など、どちらかといえばあまり愉快な思い出ではなかったように思う。

『すみれの空』はGameTomoが開発したアドベンチャーゲーム。GameTomoはこれまでには『Cuphead』の翻訳や『Project Nimbus』の販売といったインディーゲームのパブリッシング事業を手掛けているが、本作は自らの手による自社開発に挑んだ作品となる。2021年5月27日よりPC版がSTEAMにて、Nintendo Switch版がニンテンドーeショップにてそれぞれ配信開始されている。

今日という日を、最高の一日にしよう。

山村に住む少女「スミレ」。彼女はおばあちゃんを亡くしてから沈み込みがちな毎日を過ごしていましたが、ある夜、夢の中でおばあちゃんに出会います。おばあちゃんはスミレへ何かを伝えようとしているようでしたが、スミレはその声を聞きとることはできませんでした。

目が覚めてからは不思議なことが立て続けに起こります。空から種が降ってきて、その種を鉢に植えると、顔のついたしゃべるお花さんが咲きました。お花さんはスミレへ、ある条件と引き換えにもう一度おばあちゃんに引き会わせることを持ちかけます。

その条件とはお花さんに「とびっきりの一日」を見せること。スミレの一日限りの冒険が始まります。

圧巻の水彩画調ビジュアル。澄んだ空気感を味わおう

本作ではスミレを操作して、住まいである山の周辺やふもとの町を散策し、スミレ自身の目的や住民の頼まれ事を解決していく事で「とびっきりの一日」を目指すことになる。合間合間にはミニゲームが挟まることがあるが、複雑なことは要求されないので肩の力を抜いて挑もう。

「とびっきりの一日」を過ごすために必要な事や住民からの頼まれ事はスミレが持つノートに書き込まれていく。何をすべきか分からなくなった時はノートを読み返して確認していこう。ゲーム内の時間の経過は実時間ではなくイベントの進行によって行われるので、頼まれ事を解決して回りたい場合でも慌てることなく自分のペースで進められる。

本作を特徴付けているのが水彩画調のビジュアルだ。風景の緻密な描き込み具合はさることながら、人物の振り向きやめくれ上がる洗濯物といった細やかな仕草まで作り込まれている。散歩して見て回ってみれば、見惚れてしまう光景にいくつも巡り合えるはずだ。
加えて半球状に構成され奥行きもあるフィールドとなっており、奥行きが効果的に使われていて空気の広がりを感じさせる。最終盤における坂道の演出はその中でも一線を画す表現と言えるだろう。

無邪気ではない「童心」を映す

爽やかな色合いに目を奪われる本作であるが、そこで描かれる日常風景は牧歌的であるように見せかけて、常にどこか陰がつきまとう。スミレの境遇からしても、おばあちゃんの事のみならず「ママとパパが分かれて暮らしている」など人付き合いに距離感や疎外感を抱えており、そうした陰はなぜか付きまとってくるカラスたちや花の精霊が時折見せる不気味さ、いじめっ子達とのやり取りの中での残酷さといった形で発露する。

そうした陰から一歩踏み込んで進むのか、あるいは目をつぶるのか。その選択はプレイヤーに委ねられている。後にも先にも無いたった一日をどう悔いなく過ごすのか、ひとつひとつ悩みながら決断をしていくことになるだろう。

小さな頃に暗い夜道を歩いていて背中に感じた気配のような、大人になってしまえば何ということはないが、子供心には重大なことだったものが本作には詰まっている。幼いながらにも無邪気ではいられなかったあの頃、自分は一体どんな子供だっただろうか。そんな「童心」を振り返りたくなる作品だ。
[基本情報]
タイトル: すみれの空
制作者: GameTomo
クリア時間:  2時間~
対応OS: Windows , Nintendo Switch
価格: ¥1490

↓ダウンロードはこちらから

(STEAM)

(ニンテンドーeショップ)
https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000032381.html


  • image09
    真野 崇(@tacashi

    フリーゲームと共に四半世紀を生きるフリゲ馬鹿一代。
    フリーゲームのレビューブログ「自由遊戯黙示録」を経て、自身のフリゲ人生を集約した、フリーゲーム・同人ゲーム・インディーズゲームの年代記「自主制作ゲーム史論」を執筆。