『Terraria』の販売数が2000万本を突破

2月18日、2011年に発売が開始された名作インディーゲーム『Terraria』の販売本数が2000万本を超えたことが、同作の公式Twitterアカウントにて発表された。

『Terraria』のフォーラムにおいても発表がなされており、これまでに本作が辿ってきた道のりも公開され、リリース時の2011年5月と現在との比較を下記のように行っている。

2011年5月

・PCのみで配信
・250個のアイテム
・6人ほどのNPC
・20体の敵
・3体のボス
・10種類の環境

2017年

・約2000万本の販売(うち850万本は、PCにてVer1.3が公開された18ヶ月に販売されている)
・Windows、Mac、Linux、Xbox 360、Xbox One、PS3、PS VITA、PS4、ニンテンドー3DS、Wii U、iOS、Android、Windows Phone、およびAmazonプラットフォームで配信
・3,800のアイテム
・25人ほどのNPC
・350体の敵
・16体のボス
・27種類の環境
・オプションイベントの追加
・エキスパートモードの追加
ほか…

今回、2000万本の販売がなされた本作だが、現在はさまざまな要素を加えた新作『Otherworld』も開発中となっている。今後の情報も楽しみにしたい。

TOW_Screen1_20160718

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • t49vyzfq

    もぐらゲームス編集部