ゲーム制作ツール「アンリアルエンジン」公式勉強会が10月1日開催

10月1日(土)、横浜にて「UNREAL FEST」が開催される。

UNREAL FEST(FEST)は、ゲーム制作などに使用されるエンジン「UNREAL ENGINE」の勉強会だ。本イベントでは、UNREAL ENGINE(UE)の開発元である「Epic Games Japan」のメンバーを始め、ゲーム会社や、HMDを始めとするハードウェアのメーカー、またUEコミュニティで活躍した方が登壇・講演を行う。

UNREAL ENGINE
UNREAL FEST 2016 YOKOHAMA 申し込みページ

場所は先日行われたゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC」と同じくパシフィコ横浜。本イベントでは過去最多となる16公演を行う予定だ。また、FESTに合わせて開催しているUEのゲームコンテスト「ぷちコン」の入賞作品の展示や、UNREAL ENGINEのグッズ販売も予定。そしてアカデミックパートナー校の学生作品の展示コーナーも設置される。

当日のタイムスケジュールはこちらにて掲載されている。ソニー・インタラクティブエンタテインメント、バンダイナムコエンタテインメント、スクウェア・エニックス、カプコンなどのゲーム会社のセッションが開催予定だ。

本イベントには、Epic Games Japanのメンバーも参加しているため、普段聞けないことを聞くチャンスでもある。個人制作ゲームの開発にも使用されるゲームエンジンである「UNREAL ENGINE」。現在使用している人や、また今後使用を考えている人は、参加してみてはいかがだろうか。

UNREAL FEST 2016 YOKOHAMA 申し込みページ


もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。 (ご連絡全てにお返事をさし上げることができない旨、ご理解いただければ幸いです。)
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。