Posts Tagged: この筆者(加古台)が書いた他の記事を読む

フリーゲーム『未完のエリザ』 「完成」によってそこなわれた曲を、理解する物語

mikan-no-eliza-eyecatch

昔々 ある所に魂を持った楽譜がありました。 その楽譜には 日々少しずつ物語世界が継ぎ足されていき、 いつ完成するのかと 楽譜自身待ちわびていました。 ※ ※ ※ 『未完のエリザ』は、毎年開催されている「WOLF RPGエディターコンテスト(通称ウディコン)」の、2018年度総合グランプリを果たした作品だ。今回はこの短編の魅力を紹介したい。 舞台は豪華客船「サザンクロス」。偉大なピアニストだった祖父…

続きを読む

『NOSTALGIC TRAIN』古くも美しい昭和の村を歩く、ウォーキング・シミュレーター

nostalgic-train-1

  気がつけばあなたは、ホームのベンチに座っている。 今の日本ではほとんど見かけない古いつくりで、自動改札機もない無人駅だ。 あなたは自分の名前さえ覚えておらず、どうしてここにいるのかもわからない。 とにかく何かを思い出そうと、駅を一通り見ると「夏霧」と書かれた看板がある。 ――やはり思い出せない。 手がかりがないとわかると、駅の外へと出る。 そこは夏空の下に広がる、小さなメインストリー…

続きを読む

『TinyWar high-speed』 むらがる8ビットのユニットが楽しい短期決戦型RTS

image6

『TinyWar high-speed』は、建物を配置するRTS(リアルタイムシミュレーション)だ。 その建物からは軍隊が無限に湧いてきて、敵の中心地を占領するまで前進をやめない。また、建物には防御系のものもあって、破壊されるまでひたすら敵を迎撃する。ウォーシミュレーションゲームによくある弾薬や燃料の概念はない。極限までそぎ落とされたシステムで、惑星での戦いを勝ち抜く。 ウォーシミュレーションゲー…

続きを読む

フリゲアドベンチャー『ライブラリウム』水に沈む図書館が舞台の、男女のすれ違いの物語

image3

高校生や大学生にもなると、誰でも長時間涼める場所を、知っているものと思う。筆者の場合、「図書館」がそうだった。 夏休み、ウチでは電気代をケチって冷房はほぼ使わなかったので、この公共施設の、税金(学校なら学費)で動いているエアコンを、大いに活用することになったのだ。 夏休みの図書館で、思い出に残っているのは、ひたすらライトノベルを読んだことだろうか。同じ作品を何度も読む性格だったので、すぐにその本が…

続きを読む

フリーホラーゲーム『666laboratory』 少女のカウンセリングから、「あなた」が生き残るアドベンチャー

image3

  ゲームは、どれほど自由度があっても、どうしても「受け身」にならざるを得ない部分がある。 ゲームを起動し、画面を表示させ、その「枠組み」にのっとってプレイする。「村人A」に自分から話しかけるところでさえ、「A」のセリフを与えられているという側面は否定できない。 通常、「会話」というのは、ゲームの基本を成す。もちろん音ゲーやパズルゲー、シューティングのように「会話がなくてもよい」ゲームはあるし、あ…

続きを読む

謎解きサスペンスホラーADV『狂い月』 積み重なった狂気を解く、「月」を巡る脱出劇

image1

  『狂い月』は2016年1月に公開された直後から、ネットの各所で話題になった作品だ。謎解きを重視したシナリオと、丁寧にツボをついたホラー演出、そして全ての謎が解かれたときのカタルシスによって、多くフリーゲームプレイヤーを驚かせた。ファンイラストも多数描かれている。     主人公「神崎満」は、クラシック曲「月の光」ばかり聞いているおとなしめな高校生だ。ある日の学校で、幼なじみで活動的な「新岡梓紗…

続きを読む