四コマ漫画で脱出ゲーム!スマホゲーム『アンタルチカ』

高木敏光氏によって作られた『クリムゾン・ルーム』や『ビジリアン・ルーム』といった脱出ゲームが、FLASHゲームで一世を風摩したのは2004年。当時のインターネットユーザーに衝撃を与えたゲームの一つだ。

image06

あれから10年。「脱出ゲーム」と呼ばれるゲームジャンルは、今やリアルイベントとしても定期的かつ頻繁に開催され、ますます好評を博している分野となっている。脱出ゲームと銘打たないまでも、RPGツクールやWOLF RPG エディターで作られたフリーゲームには、脱出ゲームの「手がかりを探索によって見つけ、ある局面を打開していく」という文法を含むゲームは少なくない。もしかしたら「何かから脱出する」というのは、人間が根源的に抱えている欲求の一つなのかもしれない

今回紹介するスマートフォン(iOS)向けゲーム『アンタルチカ』は、こうした脱出ゲームのトレンドを継承するゲームだ。と同時に、いくつかのユニークな特徴を備えており、appstoreでも高評価を獲得している。

脱出ゲーム 「脱出4コマ・アンタルチカ」 – STUDIO ANASTROPHE

四コマ漫画の主人公を助けてあげよう

本作は従来からの脱出ゲームとはひと味違い、四コマ漫画仕立てとなっている。主人公は四コマ漫画の登場人物で、四コマ目のオチでかならずひどい目に遭う。

image05
 
プレイヤーは、四コマの風景の中から役にたちそうな道具を見つけて組み合わせ、漫画の中の主人公を救ってあげる、というのがゲームの目的だ。

image00
1コマ目(左)と2コマ目(右)。一見平穏な雰囲気だが…

image07
滑って転び、穴のなかに落ちてしまう。プレイヤーはこの主人公を悲劇的なオチから救わなければならない。

ゲームをクリアするためには、四コマの中で気になる場所をタップして探索し、ロープやナイフなどの道具を集める必要がある。さらに、場面によってはそれを単に使用するだけではなく、組み合わせて新たな道具を得ることもある。

image02
ナイフを使い二つのロープを結び合わせた

四コマ漫画を題材に、「時系列」の概念を取り入れたことで、変化していく場面をより印象的に魅せている作品だ.また、主人公のキャラクター描写やストーリーなどについてもかなりこだわりが見える。登場人物のグラフィックは日本的すぎずバタ臭すぎずで、日本だけではなく海外でもウケそうなテイストだ。

image04
部屋などの雰囲気なども、海外ですんなり受け入れられそう

手軽に脱出を楽しめる

『アンタルチカ』はスマートフォンゲームとしてリリースされており、無料で楽しめる。無料とは言っても非常に本格的なゲームで、難易度もステージが進むごとに少しずつ上がっていく。

image01
早くも2話ぐらいから難しくなっていく

頭をひねる必要のあるゲームでは、途中で頭を休めたり、空き時間にちょこちょこ考えて行くと意外に早く攻略できることがある。そういう意味で、脱出ゲームはいつでも.どこでも手軽にやれるスマホと非常に相性が良いゲームだ。

四コマ漫画という手法を活かした楽しいスマホゲーム

こういった類のゲームでは、単に脱出するだけではなく、アイテムやシチュエーションに対してコメントがついてくるのも特徴。本作でも、アイテムをタップすると主人公が必ず一言コメントを発してくれるから、ついついタップしてしまう。

image03
たまに見つかるペンギンフィギュアもゲームを彩る。偶像は一つのテーマなのかもしれない

決してヌルい難易度ではない。かなり骨の折れる謎解きもある中で、果たして主人公は全ての四コマ漫画から脱出することができるだろうか?

脈々と受け継がれてきた脱出ゲームの文法。その中で、脱出ゲームにも様々なバリエーションが生まれている。ストーリーを重視するもの、謎を複雑化させたもの、リアル空間での体験を向上させたもの……。

本作も、四コマ漫画という時系列を表現するための手法を取り入れ、かつステージ全体を通じたストーリー’性も垣間見える。ユニークな脱出ゲームとして評価することができる、おすすめの一作だ。
もぐらゲームスでは、今後も、このような脱出ゲームについてどんどん取り上げていきたい。もし面白い脱出ゲームがあれば、是非教えて欲しい。

[基本情報]
タイトル 脱出4コマ アンタルチカ
制作者 STUDIO ANASTROPHE
対応OS iOS7以上(iPhone)
価格 無料

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • 20140320163135

    通称のあP。「もぐらゲームス」エグゼクティブプロデューサー&共同編集長。ゲームをする人。「ゲームのちからで世界を変えよう会議」の中の人。経営戦略(ゲーム産業)と金融が一応専門分野。 MMORPG「リネージュ」の元プレイヤー(8年ぐらい、10,000時間ほどプレイ)。長らく一つのゲームをやりこむ派でしたが、最近は雑食気味にいろんなゲームをプレイしています。思い出に残っているゲームはリネージュ、ティアリングサーガ、勇者のくせになまいきだ。or2など