十字キーだけで遊べる格闘アクション『PPDD』リリースなど ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題はアクションゲームの新作リリースなど4本です。

格闘アクションゲーム『PPDD』リリース

ppdd-1 ppdd-2 ppdd-3 ppdd-4

インディーゲームサークルANGROWAは30日、格闘アクションゲーム『PPDD』をリリースした。Windows版およびMac版が用意されている。

十字キーだけのシンプルな操作で、敵の攻撃を見切って反撃することに特化したプレイを楽しめるのが特徴の作品。敵の攻撃方法とタイミングの予兆がビジュアルで示され、上段・中段・下段の回避を行いカウンター攻撃を行うことで敵を倒していく。攻撃を避け続けることで溜まるゲージが最大になるとコンボ攻撃「マーシャルブロー」を発動することも可能。

PPDD

PPDD(ANGROWA)
十字キーだけの簡単操作で、敵の攻撃を避けてからカウンター攻撃を繰り出す新機軸格闘アクションゲームです。敵の攻撃の予兆がビジュアルで表現されるため、理不尽なダメージを受けることが無く、熟練すればすべての攻撃を避けることができます。

PPDD Mac Edition

PPDD Mac Edition(ANGROWA)
十字キーだけの簡単操作で、敵の攻撃を避けてからカウンター攻撃を繰り出す新機軸格闘アクションゲームです。敵の攻撃の予兆がビジュアルで表現されるため、理不尽なダメージを受けることが無く、熟練すればすべての攻撃を避けることができます。

「ロボットチェス設定資料集機人の章」電子版のDLsiteでの販売が開始

クロラロラは5日、夏発売予定のノベルゲーム『ロボットチェス』の設定資料集「ロボットチェス設定資料集機人の章」電子版のDLsiteでの販売を開始した。

『ロボットチェス』は天使、悪魔、人間という3つの種族が住む大陸を舞台に、大陸の覇権をかけて行われる人型機動兵器による戦い「ロボットチェス」をテーマとした作品。体験版も公開されている。

設定資料集では登場機体48機の紹介などが掲載されている。

ロボットチェス設定資料集機人の章 電子版

ロボットチェス設定資料集機人の章 電子版(クロラロラ)
ノベルゲームロボットチェスのフルカラー資料集です!

「第22回3分ゲーコンテスト」応募受付開始日、締切日決定

短編フリーゲームのコンテスト「第22回3分ゲーコンテスト」の応募受付開始日が7月15日、応募締切が8月15日に決定した。

「3分ゲーコンテスト」は、1プレイ3分程度のゲームを対象としたフリーゲームのコンテスト。2004年より休止期間を挟みつつ開催されており、第21回以降はやれやれ氏が運営を行っている(コンテストの詳細やこれまでの経緯などについてはこちらの記事を参照)。

「デジゲー博2019」サークル参加募集開始

デジゲー博準備会は1日、11月17日に東京・秋葉原UDXにて開催予定の同人・インディーゲーム展示・即売会「デジゲー博2019」のサークル参加の受付を開始した。申し込みの締め切りは8月31日。

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • finalbeta-logo-icon-white

    中村友次郎(@finalbeta

    フリーゲームと同人ゲーム、日本ファルコム作品をこよなく愛するゲーム好き。システムに凝ったRPGをとくに好んでプレイします。スマホRPGは「メギド72」激推し。
    過去に十数年ほど、窓の杜の連載記事「週末ゲーム」の編集と一部執筆を担当していました。