短編フリーゲームRPG『木陰のアンチクリスト』魔女と教会の因縁と、一人の少女の“小さな想い”

今回は、鍵虫氏によって制作された短編フリーゲームRPG『木陰のアンチクリスト』を紹介します。本作では、魔女と教会の因縁と、一人の少女の小さな想いの物語が描かれます。ゲーム全体は少し暗めな雰囲気で、難易度もやや高め、謎解き要素が強くなっています。

特徴としては、短いながらまとまったシナリオ、惹きつけられるキャラクターたちの会話、基本は単純ながら戦略性のある戦闘システム。さらには極力ストレスを減らすよう配慮された細かい工夫も特徴のひとつです。

なお、シナリオには少量の女の子同士の恋愛要素、いわゆる「百合」が含まれています。しかし強めの表現はないので、よほど苦手でもない限り大丈夫です。(制作者曰く「苦手な人はこれを期に好きになってみませんか。」とのこと)

image04
 

魔女と少女の、教会からの逃避行

魔女の弟子である、魔法少女チコリー。ある日、師匠の魔女ウルティカが教会の処刑人に捕まったと聞いたチコリーは、師匠のいる「封印の樹海」の最奥に乗り込みます。しかし当のウルティカ本人はまったくの無事。むしろ脱出が少し面倒になったなぁというようなことを言われつつ、2人で協力して魔物を倒し、謎を解き、追手から逃れることになります。

立ち絵や顔グラフィックはないものの、僅かなドットの動きや口調からしっかり感情が伝わってくるのが魅力の作品です。

image10
チコリーの師匠、魔女のウルティカ。クールでいつでも余裕のある雰囲気を持っています。
 
image09
魔女ウルティカの弟子のチコリー。まだまだ幼く、言動もかわいらしいですが、れっきとした魔法剣の使い手でもあります。
 
image12
教会からの刺客。チコリーが必死に反論しようとしますが、聞く耳を持たない様子です。
 
image05
幕間に挟まれる、教会側と思しき人物たちの会話。さまざまな思惑が絡んでいるようです……。
 
image07
休憩中、ふと恋愛の話に。会話の流れから少し慌てだすチコリー。どうやら想い人が……?

ストレスを排した、戦術・謎解き重視のゲームデザイン

このゲームの魅力の一つである、戦闘システム。基本的には単純なターン制です。一番の特徴は、毎ターンMPが1ずつ回復すること。ウルティカはMP15、チコリーはMP10と少なめの値ですが、毎ターンのMP回復を考えて、どう魔法を使っていくかが鍵となります。
 
image06
蘇生方法は通常のHP回復と変わりないので簡単ですが、それだけ戦闘不能になることも。
 
image11
属性は2つしか存在せず、敵味方ともどちらかの属性は持っているので、それを考慮にいれた戦術も大切になります。
 
ボス戦では、敵は一定ターンごとの決められたパターンで攻撃してきます。その中でどう行動するべきか考えるのは、もはやパズルゲームに近い感覚でやり応えがあります。戦略を組むのが苦手な人向けに、やさしめの難易度や、負けたときにヒントが見られる仕組みなどがあり、配慮も行き届いています。
 
image00
数ターンに一度の大威力の魔法に合わせて、魔法をキャンセルさせる技を使うなど、敵の行動パターンを把握して戦術を組みましょう。
 
戦闘以外でも、たいていのマップには謎解きが仕掛けられています。どうしてもわからなくなったら強行突破も使えますが、解くことができればボーナスがもらえます。戦闘でも探索でも思考が必要なゲームと言えます。
 
image01
謎解きはマップ全体に散らばっているものから、一か所で解くパズルのようなものまで。
 
image08
宝箱にも謎解きが仕掛けられていることが。ストーリーを進めるための謎解きより、やや難しめです。
 
頭を使う場面が多い一方で、それ以外にプレイヤーのストレスになるような要素は極力取り除いてあるのも特徴のひとつです。たとえば、戦闘はシンボルエンカウント方式なので、敵を避けて移動することが可能。戦闘時では、負ければすぐにリトライするかの選択肢が出現。イベントスキップ機能もあり、マップの切り替え時でさえ、待ち時間を置かずにすぐ切り替わります。とことん頭の使用量をゲームの内容に割いて集中できるように作られています。
 
image03
再挑戦がしやすく設置されたリトライ・イベントスキップ機能。難易度が高いゲームだけに、嬉しい配慮です。
 
常に考えながらゲームを進めていくことになるので、あまり頭を使わずに爽快感やアクション性を得たいという人には向いていません。戦術で悩むことが多い人は、プレイ時間が4時間やそれ以上になることもあるかもしれません。ゲームを隅から隅まで遊びたいという人は、よほど戦術に自信がない限りはやさしめの難易度で始めたほうがいいでしょう。

image02
 
歯ごたえある難易度のために攻略を諦めたくなることがあっても「魅力的なキャラクターたちの会話が見たい!」という思いが努力に繋がることもある作品でした。少し重めの雰囲気の物語が好きという人にはオススメできるゲームです。

[基本情報]
タイトル 『木陰のアンチクリスト』
制作者 鍵虫 様
クリア時間 2~4時間程度
対応OS Win 95/98/2000/NT/ME/VISTA/7/8
価格 無料

ダウンロードはこちらから
http://www.freem.ne.jp/win/game/14126

制作者サイトはこちら
http://tktkbousi.wixsite.com/neoteny

(関連記事)
「フリーゲーム大賞2016」結果発表!おすすめ4作品を紹介
フリーゲームRPG『ダージュの調律』 小説のような物語手法と優れたゲームデザインを兼ねた珠玉の短編
『ゼルダ』や「ジブリ」の影響が息づく『Hyper Light Drifter』は美しくもムズかしいアクションRPGだった

もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。
  • image07

    焚き火(@momiji9246

    フリーゲーム好き。フリーゲームを食べて生きてきたので体の半分はフリーゲームでできています。RPGツクールでゲームを作ったことも。現在はいくつかツールやプログラミング言語に手を出しながらやっぱりゲームを作っています。