蘇る記憶と屋敷に閉じ込められた少女の関係とは。題名も含め、謎が謎を呼ぶ探索アドベンチャー『井戸』

「どうしてこんな題名が付けられたのだろう」。
ゲームを問わず、小説、漫画、映画などのエンターテインメントに触れていると、時折、内容との関連性が分からない、ネーミングセンスを疑うような作品と遭遇することがある。
だが、本編に触れることで、実は作品の特色に合致した題名であるのが分かったり、時には受け手をあっと言わせる意味であることに気づかされることがある。特に後者の場合、作品自体の印象がより強く残るものである。

ido_01

今回紹介する『井戸』も一見、題名が何を指しているのか分からないゲームだ。
続けてストーリーのあらましも紹介すれば、ますます分からなくなる。

ido_02

ある日、大きな屋敷の寝室で一人の少女が目を覚ました。間もなく、部屋にある電話のベルが鳴り響く。受話器を取り、耳を傾けると、そこから少女と思しき声が聞こえ、今日はここでゆっくりしていってね、と告げる。

電話の主を突き止めるべく、外に出る彼女だが、その先には人の気が一切ない屋敷の光景が。一体、屋敷の住民はどこへ行ってしまったのか。そもそも、どうして屋敷の寝室にいたのか。彼女はその手がかりを見つけるべく行動し始める……というものである。

「いや、そもそも『井戸』は?」と言いたくなったはずだ。
だが、プレイすれば、ちゃんとその意味が分かる。

人の気配の無くなった屋敷からの脱出……?

前後してしまったが、本作は2018年11月5日にPC(Windows)用フリーゲームとして、「ふりーむ!」にて配信されている探索アドベンチャーゲームだ。作者はにに氏で、制作には「RPGツクールVX」が用いられている。(※そのため、ゲームをプレイするに当たっては「RPGツクールVX RTP」がインストールされている必要がある。ご注意を。)

ido_03

本編は主人公の少女を操作し、謎の屋敷を探索していく形で進む。最終目的は屋敷からの脱出……らしい。いや、普通に考えて脱出だろうと物申したくなったかもしれないが、本当にそれが目的なのかと、疑問を抱かせるイベント、シチュエーションが全編に渡って繰り広げられていくのだ。

ido_04

その象徴が「記憶」。先述のストーリーの補足となるが、寝室を出る際、少女は「ハンカチ」を手に入れる。それと同時に過去の出来事と思しき映像がフラッシュバック。終わると、それがプレイヤー情報に記録される。

何故、このようなものが……と、疑問に対する説明もなく、とりあえず、集めるべきものらしいとの憶測から、寝室から外へ出ることになる。

ido_05

外に出ると大広間へ。当然、その中央には出入口もあるが、固く閉ざされていて開けられない。構造上、内側から鍵がかけられているはずなのに、鍵穴があるとの情報もない。また、屋敷のあちこちに大きな窓もあるが、そこも開けることができない。それどころか、その先は白くて見えないという。

では、どこに脱出口が……という具合に、いきなり八方塞がりの状況になり、孤立してしまうのだ。このような何をするべきか分からない状況下でプレイヤーは屋敷を探索し、脱出に繋がる”かもしれない”手がかりを探っていくのである。

ido_06

なので、この探索が何に行き着くのか分からないまま、本編は展開していく。
更に本作最大の特徴として、ゲーム開始時点で、屋敷のほぼ全域を探索できる。別の寝室はもちろんのこと、キッチン、倉庫、ギャラリー、図書室、二階のベランダ、屋上まで、自由に行き来できてしまうのだ。そして、どこから探索していけばいいのかを指示されることもない。基本的にプレイヤーの好きな所から探索を始められる。

それもあって、探索の自由度は非常に高く、突き放し感も強い。プレイヤー自身の入念な検証、推理なくして進めていくのは困難を極めると言っても過言ではないほど。見た目からは想像も付かないほど、難易度高めの作りになっている。

ido_07

一応、「記憶」を始め、手がかりは随所に散りばめられているので、それらをじっくり調べていけば、何らかの結果に行き着く。だが、基本的にノーヒントだ。根気が試されるのは言うまでもない。

更に暴露すれば、エンディングを迎えるのに「記憶」を全て集める必要は無い。じゃあ、何のためにそんなものがとなるが、これ以上は本編をご覧になって欲しいとしか言えない。

ここまでだけでも、本作の奇怪さは大体察せるだろう。
そして、肝心のストーリーも謎だらけだ。

断片的な情報から明らかにされる「井戸」の意味

ido_08

ストーリーは主に「記憶」を手に入れる度に挿入されるフラッシュバック、屋敷に置かれた日記帳、手帳などで語られる。しかし、いずれも断片的な情報しか得られず、現在の主人公の状況との関連はあまり明かされない。記憶と同様、推測していくしかないのだ。

ido_09

また、屋敷内部には異様なものも存在する。突如、主人公に牙を向いてくる仕掛けがその象徴。どういう訳か、屋敷を探索していると一部の置物が襲い掛かってくるのである。もちろん、直撃すればダメージとなり、体力が減る。ゼロになればゲームオーバーだ。中には甚大なダメージを与える仕掛けも存在するほか、回復の機会も一度しかないため、恐怖心を煽る。そして、何故そのようなものが存在し、プレイヤーに牙を向くのかの謎も付きまとう。

他にも実体のない人影がある部屋に鎮座していたり、ベランダの窓、鏡に本来あり得ないものが映し出されたり、特定の部屋に置かれた日記帳には文字が一切書かれてないなど、謎を深める要素はあちこちにあり、屋敷の異様さを際立たせる。

ido_10

これらが何を意味しているのかは、最終的にエンディングで明かされるが、その詳細は伏せよう。ただ、本作に『井戸』という題名を付けられた意味はハッキリとする。そして、屋敷全体に漂う”狂気”にも気づかされる。

ネタ自体は特に斬新という訳ではないのだが、断片的な情報を明かしていくストーリーの構成、屋敷の探索と絡める演出の上手さもあって、非常に印象に残るものになっている。更にエンディングは二種類あり、記憶を全て集めたか否かで結末に変化が出る。だが、その記憶を全て集めた末のエンディングも非常に意味深。ここまでに得られた情報も整理すれば、ストーリーの背景と世界観に対する謎がより一層、深まることになるだろう。

ido_011

探索自由度の高さもあって、全容を見届けるのには骨が折れる思いをするかもしれないが、最終的にそこまで辿り着くだけの価値はある結末だ。一方で謎も深まるが、その分、強烈な印象が残る。「井戸」が何を示し、屋敷が何のために存在しているのか。大まかな背景が判明した時、貴方は主人公にどんな感情を抱くだろうか。

この探索の行く末に少女と貴方は何を見る。

ido_012

本編のボリュームは探索に詰まることがなければ、エンディングまで大体1時間ほどで辿り着ける。しかし、探索難易度の高さから、プレイヤーによっては2倍以上の時間を要することも。特に仕掛けを解くカギとなるアイテムは、大半が見落とし易い所に隠されているので、その調査で手を焼くかもしれない。また、屋敷の全体図を示すマップも無し。部屋の特徴も実際に足を踏み入れて推察しなければならないので、序盤は特に右往左往しやすい。

ido_013

正直な所、マップの作りには難があり、中でも1階の通路下に配置された扉は視認性が悪すぎて、初見時は見落としがち。制作ツールの仕様上、表現的に止む得ず、世界観的にも矢印を出すと雰囲気を壊しかねない事情があったのかもしれないが、もう少し、部屋があることを分かりやすくするため、近くの地形に装飾を施すなり、工夫して欲しかったところだ。

また、イベントも人物名称に【】が付いてないのも見た目として違和感がある。筆者は始めて間もない頃、名前と台詞が連動しているように見えてしまったので、できれば付けてより明確に区分して欲しかった。修正自体はそこまで困難ではないと思われるので、可能であればアップデートに期待したいところだ。

ido_014

そんな粗も散見されるが、突き放し感強めのゲームデザインと謎に満ちたストーリーで楽しませてくれる内容に完成されている。戦闘要素も無いので、じっくり腰を据えて謎解きを堪能したい、曖昧に語られるストーリーの真相を見る快感に浸りたいプレイヤーにはお薦めの良作だ。謎めいた屋敷を探り、『井戸』の意味を解き明かそう。

[基本情報]
タイトル:『井戸』
制作者: にに
クリア時間: 1~2時間
難易度:中級~上級者向け
対応OS: PC(Windows)
価格: 無料
備考:出血、ホラー描写あり(※推奨年齢:12歳以上)、RPGツクールVX RTPのインストール必須

ダウンロードはこちらから
https://www.freem.ne.jp/win/game/18828

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • image09

    シェループ(@shelloop

    様々なゲームに手を伸ばしたがる人。2D、3Dのアクションと手強めの戦略シミュレーションを与えると喜びます。

    Webサイト:box sentence
    ブログ:Box Diary