Posts Tagged: この筆者(すんくぼ)が書いた他の記事を読む

超高速、激突、爆散、宇宙の藻屑。スマホランゲーム『ALONE』で何度でも楽しむ「イライラ棒」感。

image01

私達は、難しすぎるゲームに直面した時、なぜか無性にその高い壁を乗り越えたくなるときがある。もはや本能のようなものだろうか。 中毒性の高いゲームに死にゲーというジャンルがある。もぐらゲームスでもこれまで色々な死にゲーを取り上げてきたが、何度死んでもやっぱりやりたくなってしまうその中毒性、プレイヤーのドM心をくすぐるゲームデザインは他のジャンルのゲームの比ではない。 今回紹介するのは、宇宙を舞台にした…

続きを読む

かわいい小人たちを積み上げるスマホゲーム『Kiwanuka』

th_image00

今回紹介するのは、小人たちを魔法の杖を使ってつなげてゴールを目指すスマホゲーム『Kiwanuka』だ。 『ピクミン』のように大量にいる小さな仲間と移動しながら協力してゴールを目指す、と言うと分かりやすいかもしれない。小さな仲間がわーっと移動し、協力しながら進んでいく様は見ているだけで面白い。そして、シンプルながら奥深く、触って楽しいパズルゲームに仕上がっている。 小人を移動させると仲間がぞろぞろと…

続きを読む

彷徨う夢遊病者をベッドに連れて行くスマホパズルゲーム『Back to Bed』

image01

不思議な世界を舞台に、ステージのギミックを指でタップして動かしながら遊ぶスマホゲームが面白い。有名どころでは、昨年公開された『Monument Valley』がある。非常に幻想的な雰囲気の中で、これまでのスマホゲームとも一線を画し、非常に面白い体験だった。 今回紹介するのは、夢の中の世界で夢遊病者をベッド(ゴール)まで連れて行く『Back to Bed』だ。スマホの中に浮かぶ非現実的な不思議なギミ…

続きを読む

フリゲはアクションも熱い!おすすめフリゲアクションゲーム10選

th_image01

「スーパーマリオブラザーズ」、「ロックマン」、「ゼルダの伝説」。アクションゲームもまたゲームの歴史を築き、多くのプレイヤーを魅了するジャンルだ。何より、比較的簡単な操作でプレイでき、成功と失敗が分かりやすい。テンポよく遊べるのが特徴ではないだろうか。また、死にゲーと呼ばれるような、あえて高難易度のステージをプレイヤーにつきつけながらも、そのハードルを越えられると信じるプレイヤーが後を絶えない、そん…

続きを読む

『インフレクエスト2』人気実況者が400時間かけて作ったフリゲは、インフレが半端ないRPGだった

image11

ニコニコ動画やYoutubeなどでは、フリーゲームの実況が人気だ。ホラーゲームで絶叫が得意な実況者、モノマネがうまい実況者、ラジオのパーソナリティのように饒舌な実況者など、実に個性豊かだ。そんな実況者の中に、実際にゲームを作ってしまう者がいてもおかしくはないだろう。 今回紹介するフリゲRPG『インフレクエスト2』は、人気実況者のまっくす氏が制作した中編RPG。まっくす氏は、鬼畜な死にゲー『I wa…

続きを読む

一撃必殺の死闘がアツすぎる!ボス戦の楽しさだけを詰め込んだ2Dアクション『Titan Souls』

th_image05

アクションゲームにおけるボス戦は、最もテンションが上がる瞬間といっても過言ではないだろう。専用の登場シーンがあり、外見もユニーク。道中の雑魚敵とは違う派手で強力な攻撃をしてくる、そして、すんなり倒せない。プレイヤーを圧倒する姿と強力な力。そして倒すためにはアクションだけでなく、頭を使って攻略法を考えなければならない。頭脳と指の両方を駆使する時、最も興奮が高まる。それがゲームにおける「ボス」という存…

続きを読む

怖そうで怖くない、少し怖いフリーホラーゲーム特集

image07

フリーゲームの一大ジャンルといえば、フリーホラーゲーム。『青鬼』『ゆめにっき』から始まり、『Ib』『魔女の家』『つぐのひ』『恐怖の森』などの作品などがよく知られている。これらのゲームの中には身の毛もよだつ、夜トイレに行けなくなってしまうほどのゲームもある。そうしたゲームについて、過去にもぐらゲームスでも取り上げた。 苦手な人にはおすすめしない、本当に怖いフリーホラーゲーム特集 しかし、これらのゲー…

続きを読む

「枯山水に続け!」図形パズル、原始人、青春…。ゲームマーケット2015春で要チェックの9作品!

th_image00

国内最大のアナログゲームの祭典『ゲームマーケット2015春』がいよいよ5月5日(火・祝日)、東京ビッグサイト(東京国際展示場) 西2ホールにて開催される。 前回のゲームマーケット2015大阪からわずか2ヶ月という短い期間での開催だが、ボードゲームの盛り上がり、とりわけ国産ゲームの枯山水がメディアで多数取り上げられたこともあり、来場者の更なる増加も見込まれる。 それでは早速もぐらゲームスの注目作を紹…

続きを読む

会話から矛盾を見抜け!コミュニケーションを楽しむフリゲアドベンチャー『1bitHeart』第2章レビュー

image00

もぐらゲームスで公開時にもレビューを行った『1bitHeart』。『Alice mare』や『LiEat』といった作品を制作してきた△○□×(みわ しいば)氏が製作中のフリーゲームだ。2月に体験版ということで第1章が公開されたが、4月に第2章がリリースされた。既に一度レビューをお届けしているが、「コミュニケーション」の部分が非常に際立ったゲームなので、改めて紹介しよう。 『1bitHeart』は、…

続きを読む

ローグライクRPG×リズムゲー『ネクロダンサー』新要素満載の製品版がついに4月23日にリリース決定

header

もぐらゲームスで、レビューや制作者インタビューなど注目してきたインディゲーム『Crypt of the Necrodancer』が4月23日に公開されることが発表された。『Crypt of the Necrodancer』は、ローグライクRPGとリズムゲーを組み合わせた、これまでにない異色のゲームだ。リズムに乗って、ダンジョンを探索する緊張感は他のゲームにない非常に独特な面白さを味わえる。 中毒者…

続きを読む