フリゲ短編RPG『Acassia∞Reload』 記憶喪失の少女は死を繰り返しながら「牢獄」からの脱出を目指す

acassia-reload-title

「セーブができないRPG」というと、どういったゲームを思い浮かべるだろうか?ローグライクのように一過的でランダム要素の強い作品を思い浮かべる方が多いかもしれないが、今回紹介するフリーゲーム『Acassia∞Reload』は、セーブができない中でゲームオーバーを繰り返しつつ1つのダンジョンを攻略していくという、ループもののようなプレイ感が特徴の短編RPGだ。このゲームデザインが世界観の上でも意味があり、徐々に明かされていく物語も趣深い作品となっている。

死を繰り返しながら行動範囲を広げ、「牢獄」からの脱出を目指す

本作の主人公は、「無限遠の牢獄」と呼ばれる謎の施設に閉じ込められた記憶喪失の少女アカシア。彼女は正体不明の衝動に突き動かされ、施設からの脱出を目指す。プレイヤーは彼女を操作し、立ちはだかる敵を倒しながら探索を進めていく。

acassia-reload-chara
主人公である銀髪の少女アカシア

acassia-reload-op
正体不明の衝動に突き動かされ、アカシアは施設からの脱出を目指す

アカシアには2つの特徴的な性質が備わっている。1つは「記憶することができない」こと。またもう1つは「死んでも何故か元通りになる」こと。この性質はゲームシステムでも表現されており、本作ではプレイ中にセーブする機能は存在せず、戦闘に負ければ即ゲームオーバー。そのためタイトル画面からゲームを開始するための選択肢は「GAME (RE)START」のみで「ロード」はなく、常にゲーム開始地点からやり直しとなる。

ただしアカシアのレベルや習得したスキルなどは、次回プレイ時に引き継がれる。また本作は敵の出る場所とそこで出る敵が固定となっており、敵の行動パターンなどを把握することで、より有利に戦えるようになっていく。アカシアが成長しプレイヤーが経験を積むことで、行動可能な範囲が広がっていくというのがゲームの基本的な流れだ。

acassia-reload-game-over
プレイ中何度も見ることになるゲームオーバー画面。本作においてはこれはあくまで「通過点」だ

3つの属性の相性とバフ・デバフが重要なバトル

本作の戦闘はCTB方式のコマンド選択型。戦術の要となるのは想・法・虚という3つの属性の存在で、3すくみの属性相性が発生する。アカシアの通常攻撃の属性は装備する「魔剣」により変化し、スキルにも属性が存在。なお、敵の属性は基本的に名前の後ろに表示されるので、「相性を探るための試行錯誤」は必要なく、最初から戦術の組み立てに集中できる。

acassia-reload-battle
戦闘はCTB方式のコマンド選択型

スキルによるバフ・デバフも重要。各種状態異常やステータスアップ・ダウンなど
のほかに、敵の行動を遅らせる「時間破壊」といった効果を持つスキルも存在する。スキルは複数の効果を併せ持つような強力なものも多いが、一方でアカシアは一人で敵と対峙するため、とくに一対多の状況では一瞬でピンチになるようなこともある。スキル選びにおいては次の行動までの時間を短縮する「時間加速」の効果もポイントとなってくるほか、こちらが攻撃に手を回す余裕がない時でも敵のHPを減らせる、という点においてスリップダメージの価値が高いのも面白い。

また、敵を倒すと「エンチャント」と呼ばれる装備品をドロップする。ステータスの上昇や通常攻撃への状態異常効果付与などエンチャントの効能は多彩で、最大6個まで同時に装備可能。エンチャントはゲームオーバーで消失してしまうのだが、そのぶん周回ごとに、さまざまな組み合わせによるカスタマイズを模索するのが楽しくもある。

acassia-reload-equip
敵を倒すとドロップする装備品を組み合わせてアカシアの能力をカスタマイズできる

戦闘の難易度は比較的高めで、負ければ即ゲームオーバーなこともあり常に気を抜けない。とくに一部の強敵との戦いでは、初見では予想外の攻撃に殺されてしまうなんてこともままある。対策を考え、場合によっては別の場所を探索してアカシアを強化してから再戦に挑むなど、ゲームオーバーを越えてリベンジを果たすのも本作の醍醐味だ。行く手にはさまざまな敵が待ち受けているが恐れることはない。やり直しは何度でもできるし、どう戦えばいいのかアカシアが忘れてしまっても、プレイヤーは覚えているのだから。

「記憶」を読み解くことで真実に迫っていく物語

ゲーム進行においては、施設の各地にあるクリスタル状の「記憶の痕跡」に魔力(MP)を注いで、さまざま情報を得ていくのも重要。この施設の成り立ちや、アカシア自身が何者なのかが徐々に明らかになり、記憶を読み解くことによって物語が浮かび上がっていく。アカシアの前に時折姿を見せるポータリアと呼ばれる少女も謎めいた存在で、寂れた施設に少女が二人きりという世界観も見どころ。硬質でいてどこか切なさ感じさせるような台詞回しも魅力だ。

acassia-reload-event
寂れた施設を舞台に、徐々に世界の謎に触れていく。桃色の髪の少女、ポータリアの存在も謎のひとつだ

ゲームオーバーを繰り返しながら攻略範囲を広げていくというゲームプレイと、記憶喪失の少女が死を繰り返しながら世界と自分の真実に迫っていくという物語が一体となり、それがプレイヤーの胸を打つクライマックスにも繋がっていく。世界観やキャラクター、システムのいずれかでも刺さるものがあれば、ぜひプレイしてみてほしいRPGだ。

【基本情報】
タイトル:『Acassia∞Reload』
制作者:anubis 氏
クリア時間:約2~3時間
対応OS:Windows
価格:無料

ダウンロードはこちらから
https://www.freem.ne.jp/win/game/16218


もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。 (ご連絡全てにお返事をさし上げることができない旨、ご理解いただければ幸いです。)
  • finalbeta-logo-icon-white

    中村友次郎(@finalbeta

    フリーゲームと同人ゲーム、日本ファルコム作品をこよなく愛するゲーム好き。システムに凝ったRPGをとくに好んでプレイします。
    過去に十数年ほど、窓の杜の連載記事「週末ゲーム」の編集と一部執筆を担当していました。