不思議で手ごわいファンタジー世界を冒険しよう。アクションRPGとシューティングが楽しめるお得な『フェアルーンコレクション』

2017年3月に発売された任天堂の最新家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」では、発売から間もなく多種多様なインディーゲームが配信され、一部タイトルは、先行リリースした他機種版以上のセールスを記録すると言った景気のいい話が飛び出してきている。

完全新作でも、好調なセールスを達成しているタイトルは多い。中でも日本の個人ゲーム開発者が運営するインディゲームスタジオ「スキップモア」が開発し、フライハイワークスより販売されたアクションゲーム『神巫女 -カミコ-』は、全世界の販売総数が20万ダウンロードを記録するなど、名実共にNintendo Switchを象徴するインディーゲームとして、その名を歴史に刻んでいる。

fairune-collection-1

そんなスキップモアの処女作がPC、スマートフォンのほか、ニンテンドー3DS、PlayStation Vitaへの移植も実施され、続編も制作されるほどの好評を博したアクションRPG『フェアルーン』だ。今回紹介するNintendo Switch用ダウンロードソフト兼、Windows PCソフトの『フェアルーンコレクション』は、そんなシリーズ全作を一つのソフトにまとめたコレクションタイトル。

販売はニンテンドー3DS版に引き続き、フライハイワークス。開発は『ルディミカル 魔神少女音楽外伝』、『VOEZ(※Nintendo Switch版)』と言ったタイトルでフライハイワークスとタッグを組んでいる「エスカドラ」が担当。スキップモアは監修で参加している。

簡略化されたゲームシステムが特徴のアクションRPG

fairune-collection-2

本作のタイトル名でもある『フェアルーン』とは、舞台となる幻想が現実とされた世界の呼称だ。この地に呼び出された主人公の少女(ゆうしゃ)を操作し、「はじまりのしょ」と呼ばれる喋る本と共に、敵と戦闘したり、謎を解いたりしながら、魔王の魂が封印された像を探し出したり、行方をくらました妖精達を探し出す冒険を繰り広げていく。

fairune-collection-3

本シリーズの特徴は簡略化されたゲームシステムだ。アクションRPGを呼称しているが、その実はアクション要素控え目で、キャラクターを上下左右に動かしたり、メニュー画面を開いてアイテムを使う、簡単操作で遊べる作りになっている。

fairune-collection-4

特に象徴的なのは、フィールド上を動き回る敵との戦闘。プレイヤーこと主人公は剣を所持しているが、これを指定のボタンを押して振って、対象の敵に攻撃する必要は無い。単純にキャラクターをそのまま敵に接触させれば、瞬時に戦闘が行われる設計になっている。

fairune-collection-5

しかし、接触させればいい訳ではない。仮にプレイヤーのレベルが相手の敵より低ければ、ダメージを与えることはできず、逆に跳ね返され、ダメージを受けてしまう。レベルが対等な敵でも、倒した際の反動で軽微なダメージを受ける。倒しすぎれば、プレイヤーの体力が尽き、そのまま奈落行きである。なので、本作では相手とのレベル差を考慮しながら敵を攻撃し、経験値を稼いでレベルを上げ、脅威を減らしていくのが基本。仕組みは簡単ながら、独特な作りになっている。

また、本作では戦闘と並行してマップの探索と謎解きも展開。基本的にどこから攻略していけばいいのかと言った指示は僅かしか示されず、自力で攻略していくことが求められる。探索と並行してアイテムが手に入ることもあるが、その説明は最小限で、実際に使ってみないと効果が分からない手探り仕様。まさに古き良き時代のアクションRPGを踏襲した、プレイヤーの観察眼と試行錯誤する執念が要されるものになっている。

以上、簡単ではあるが『フェアルーン』の特色について紹介した。

fairune-collection-6

そんな本作には全部で四つの作品が収録されている。
シリーズ一作目でスマートフォンのほか、ニンテンドー3DSとPlayStation Vitaにも移植された『フェアルーン』、ニンテンドー3DS専用ソフトとして制作された『フェアルーン2』、そしてシリーズの原点でPCブラウザ用ゲームとして制作された『フェアルーンオリジン』。そして、本作初収録の完全新作タイトル『フェアルーンブラスト』だ。

fairune-collection-7

各作品の基本システム、構成は先の解説通りだ。
ただ、『フェアルーン2』では三つ+一つの異なるマップが用意され、それぞれボス戦的なイベントを設けるなど、大幅なボリュームアップが図られている。『フェアルーンオリジン』は対照的に短めの内容で、イベントや演出などが簡略化。アクションゲーム並のテンポで遊べる作りにまとめられている。

fairune-collection-8

そして最後の四本目『フェアルーンブラスト』は、何と縦スクロールのシューティングゲーム。四作品で唯一、完全な別のジャンルとなっている。
このブラストはゲーム開始当初にプレイできず、『フェアルーン』、『フェアルーン2』、『フェアルーンオリジン』の三作をクリアすることで解禁される

なので、完全新作を遊びたい目的で本作を遊ぶと、思わぬしっぺ返しを喰らう。しかし、いずれの三作もNintendo Switch、PCへの移植に伴って画面レイアウトの刷新、グラフィックの強化、音質の再調整、HD振動への対応などが行われ、同じ内容ながらも少し違う作りになっている。他機種版でプレイ済みの方も、新鮮な気持ちで楽しめること請け合いだ。

昔ながらの謎解きアクションRPGを意識した手ごわさ

作品ごとの魅力も様々。『フェアルーン』、『フェアルーン2』は簡単操作でアクションRPGが楽しめるゲームデザインが魅力で、特に謎解きの手強さは頭一つ抜けており、入り組んだ仕掛けとプレイヤーの観察眼が試される、やり応え抜群の冒険を楽しめる。

fairune-collection-9

良くも悪くも昔ながらの謎解きアクションRPGを意識した、凶悪さも見所。一見、何の変哲もない「すり抜けられる壁」に関連した謎解きがそれで、これに気付けないと長時間に渡ってゲームの進行が止まり、右往左往することになる。
現代では理不尽同然の仕掛けで、プレイ中には相応のストレスも感じさせられるのだが、このおかげで昔ながらのアクションRPGらしさが表現されている魅力もあり、当時のプレイヤーのノスタルジーを喚起させる、懐かしい体験が味わえるようになっている。

fairune-collection-10

それに過剰に不親切という訳ではない。よく見るとすり抜けられる壁には違いがあったりなど、よく観察すれば通れる場所と気付けるよう、グラフィックが調整されている。間違い探しレベルだったりはするが。

fairune-collection-11

これらの仕掛けを理解した後に挑む、周回プレイの時間を縮めていく楽しさも格別。本編ボリュームも二作共に10時間以内に区切りが着くようにまとめられているので、長々と凶悪な謎解きに悩まされる内容になっていない。ただ、『フェアルーン2』はボリュームアップが図られているため、プレイヤーによってはそれ以上の時間がかかる可能性もある。

ただ、アクションRPGの謎解きから戦闘までしっかり楽しめる密度の濃さは格別。続編は挑戦状的な難しさがあるため、初プレイには適してないが、初代は入門編としてこの上ない。もし、本作で初めてフェアルーンに触れるのなら、こちらから始めるのがおすすめだ。

fairune-collection-12

本作初収録の『フェアルーンオリジン』も良い。こちらは初見プレイ時ならば30分程度。慣れれば5分以内も行けるほどと、先の二作以上の短さとなっている。だが、短い内容ながらフェアルーン独特のゲームシステムは健在で、マップ上の仕掛け、謎解きも一定の密度があって、不思議と物足りなさは感じさせられない内容にまとめられている。

また、全ての始まりとも言える作品であり、簡略化された戦闘システムに手強い謎解きなどの要素がこの頃から残っていることも知れたりと、資料的な価値もある。セレクト画面では三番目に位置している作品だが、最初にプレイする作品としては初代に並ぶほどおすすめの作りになっているので、気になれば挑んでみて頂きたい。

fairune-collection-13

最後に紹介する四本目の『フェアルーンブラスト』は率直に言って、おまけだ。そもそも何故、シューティングゲームなのかという謎がシリーズ未プレイのプレイヤーには付きまとうだろう。これについてはフェアルーン、フェアルーン2の二作をクリアしてくれとしかコメントのしようがない。さすれば、理由が分かるはずだ。

肝心の内容も2分間にどれだけのスコアを叩き出せるかに挑む、スコアアタック特化型になっている。なので、これまたボリュームは少なめなのだが、限られた時間内にどこまで得点を伸ばせるかに挑むのは熱い。1980年代に一世を風靡したキャラバンシューティングに心を奪われた世代なら、鎮まっていたやり込み魂が覚醒すること間違いなしだ。

fairune-collection-14

更にこちらもオンラインランキングに対応していて、プレイヤー同士でスコアを競い合える。また自機は三種類あり、その内の二機は『神巫女』のキャラクターとなっている。同作には三人のキャラクターが居るのに何故、二人なのかという謎も付きまとうが、プレイすればその理由を察せる……かもしれない。いずれにせよ、要チェックだ。

お買い得感抜群のコレクションパッケージ

この他にもアクションRPG一辺倒な内容と思しき『フェアルーン』、『フェアルーン2』にはそれまでの印象を180度覆す賛否の分かれる展開が仕込まれていたり、続編では世界観に関する更なる掘り下げが行われると言った見所がある。

ニンテンドー3DS版から調整が入った箇所もあり、特に件の賛否分かれる展開は大分、攻略しやすくなっている。ニンテンドー3DS版をプレイして、そこで力尽くてしまったというプレイヤーにとってはリベンジチャンスとも言えるものになっているので必見だ。

fairune-collection-15

昔ながらのアクションRPGを目指したなりに、不親切さが残る作りなのは否定しない。しかし、そう言った粗いあってこその魅力があり、プレイすれば良くも悪くも印象に残り続けるゲームに完成されている。これからフェアルーンという作品を遊ぶに当たってはこれ以上なく最適な一本。これだけの内容でお値段も税込1000円とリーズナブル。Nintendo Switch、或いはPCをお持ちの方は是非、この不思議で手ごわいファンタジー世界に足を踏み入れてみよう。『神巫女』もあるとより楽しめるので、余裕があればセットでどうぞ。

[基本情報]
タイトル: 『フェアルーンコレクション』
制作者:スキップモア、エスカドラ(※販売:フライハイワークス)
クリア時間: 2~5時間(フェアルーン1)、4~10時間(フェアルーン2)、10~30分(フェアルーンオリジン)
難易度:初心者~中級者向け
対応OS: Nintendo Switch、PC(Windows)
価格: ¥1000

購入はこちらから
※Nintendo Switch版
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000006183

※PC(Windows)版

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • image09

    シェループ(@shelloop

    様々なゲームに手を伸ばしたがる人。2D、3Dのアクションと手強めの戦略シミュレーションを与えると喜びます。

    Webサイト:box sentence
    ブログ:Box Diary