フリーホラーゲーム『怪異症候群-R- 人形編』 リメイクされた恐怖をもう一度……

10月23日、人気フリーホラーゲーム『怪異症候群』のリメイク版が公開された。本作は、主人公である少女「姫野 美琴」がさまざまな怪異に立ち向かう、全4章からなるストーリーのアドベンチャー。ゲーム実況などでも話題となり、多くのプレイヤーに遊ばれた作品だ。
 
10月24日現在は1章のリメイクのみとなっており、以降の章を遊ぶことはまだできない。1章の内容は、約1時間ほどのプレイ時間となっている。制作ツールはRPGツクール2000からRPGツクールVX Aceへと変更され、キャラの立ち絵イラストや演出、謎解き要素が一新されている。リメイク前の作品を遊んだ人にもプレイしてほしい作品だ。さっそく紹介したい。

怪奇現象に挑む少女の物語、再び

本作の主人公は、女子高生の「姫野美琴」。ある雨の夜、友人の「神代由佳」からの電話に違和感を感じた彼女は、由佳の家に赴くことになる。そこで待っているものを知らずに……。

怪異症候群
主人公の「姫野美琴」。文学系のおとなしめの少女だ
 
怪異症候群
友人である「神代由佳」。彼女のある行為が怪異の引き金となってしまい……
 
本作のゲームシステムは、オーソドックスな探索アドベンチャーだ。舞台となる建物を探索し、キーアイテムを入手して物語を進めていくものとなっている。探索の途中、美琴の目の前には怪異の存在も現れる。怪異と接触してしまいダメージを負ってしまうとゲームオーバーとなってしまうため、怪異から身を隠しつつ、探索を行う必要がある。

怪異症候群
建物の中を探索し、アイテムを見つけていこう

特徴的なポイントは、演出の丁寧さだろう。探索中の停電や、目の前に現れる謎の存在など、まさに「怪異」的な現象に対峙しているのだと感じさせてくれる。ゲーム後半までは、特定のアイテムを手に入れることで進める形式となるが、終盤では情報を整理して選択肢を選んでいくシーンも。頭を振り絞って怪異を撃退しよう。

怪異症候群
突然の停電、探索に緊張感が……
 
怪異症候群
家の入り口が閉ざされてしまう
 
また、探索中の「音」の演出が巧みなものとなっている。さまざまなポイントでとつぜん物音が発せられ、ついビクッとしてしまうようなタイミングが印象的だ。視覚的ではない、聴覚からのジャパニーズホラー的な恐怖を味わえるだろう。

怪異症候群
探索の末に、美琴を待ち受けるものは……?

本作はリメイク前と比較し、ビジュアルや演出が全体的にアップグレードされ、謎解きの難易度なども調整がなされているので、初めてプレイする方も、リメイク前作品をプレイした方も、ぜひ遊んでみて欲しい。

[作品情報]
タイトル 『怪異症候群-R- 人形編』
制作者 ナオ(制作者様サイトはこちら)
対応OS Windows Vista/8/10
プレイ時間 1~2時間程度
価格 無料

ダウンロードはこちらから
http://www.freem.ne.jp/win/game/13161

もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。