フリゲRPG『メルヘンカンナ』 絵本のように紡がれる、少年少女と世界のものがたり

marchen-kanna-title

今回紹介するフリーゲーム『メルヘンカンナ』は、タイトルの通りにメルヘンチックな世界を、少年少女達が旅していくRPG。イラストで表現されたフィールドを移動していく、絵本の中に入ったかのような風情のある作品となっている。難易度は低めながら独自の趣向が凝らされた戦闘も見どころだ。

marchen-kanna-intro

メルヘンチックな世界を旅する少年少女達の物語

本作の舞台となるのは、魔法使い達が暮らす世界。とある村の外れに住む少年「シロ」と少女「アカ」が、世界中を旅してきたコック「グルメさん」から世界地図をもらい、自分達も旅に出ることから物語が展開していく。

marchen-kanna-outline-1
marchen-kanna-outline-2
グルメさんから世界地図をもらい、世界への憧れを募らせるアカ。シロはアカと共に旅立つことを決意する

年中日が当たらずオーロラが綺麗な「夜の国」やワインが流れる河など、シロとアカが訪れるのは不思議でワクワクするような場所ばかり。旅の途中で出会った魔法が得意な少女「マホ」も加わり、行く先々の人々との交流なども楽しめる、ロードームービー的な趣のある作品に仕上がっている。

可愛らしいキャラクターイラストと、手描き調の背景グラフィックはいずれも自作で、キャラクター同士のコミカルでどこか気が抜けるような会話も相まって、童話のようなのどかさも感じられる。音数とテンポを抑えた素朴な味わいのある自作BGMも、牧歌的な雰囲気を醸し出すのに一役買っている。

marchen-kanna-outline-3
marchen-kanna-outline-4
幻想的な世界を旅していく。次の目的地への移動もまた旅の楽しみの一つ

退治するのではなく「どかす」。やさしいけどやり応えもある戦闘

メルヘンチックな本作は、戦闘も敵を退治するといった形ではなく「生き物をどかす」扱いの優しい世界で、どかした生き物との会話もちょっとしたお楽しみの一つ。難易度自体も易しめだが、攻撃範囲の指定が要となる独自の戦闘システムを備えており、操作はシンプルでありつつ凝った戦術を楽しむ余地も十分あるものとなっている。

基本はターン制のコマンド選択型。シロとマホは魔法、アカは直接攻撃で戦うのだが、この際に攻撃範囲をサイドビューの画面上で指定するのが特徴だ。魔法は放射状に攻撃範囲が広がって中心に近いほど威力が高いもの、攻撃範囲がX字型のもの、画面の奥から攻撃して手前ほど威力が下がるものなどそれぞれ個性があり、敵の配置に応じて魔法の種類と攻撃範囲を選んでいくのが基本となる。

一方、アカの攻撃は攻撃範囲は狭いが、攻撃後に敵を奥へ移動させられる。アカが敵の位置をずらして、シロやマホの魔法により多くの敵を巻き込む、といった戦術が取れるわけだ。それぞれが選んだ攻撃の範囲やアカの攻撃で敵が移動する位置は重ねて表示されるため、気軽に連携攻撃を仕掛けることができる。

marchen-kanna-battle
シロとマホの魔法の攻撃範囲や、アカの攻撃で敵が移動する場所を重ねて確認できる

これによって複数の敵を一気に攻撃できるだけでなく、攻撃を当てる回数が攻略のポイントとなるギミックのある敵も登場。イベントシーンと絡めて範囲指定の仕組みを活かした趣向なども用意されている。

とはいえ、解法がわからなければ手も足も出ないというほどではなく、また戦闘中の回復を回数制限なく行えるアイテムも必ず手に入る。RPG初心者でもユニークな戦闘を体験できて、戦略的なバトルが好き・自信があるという人なら効率的な倒し方の追究を楽しめる、絶妙なバランスの戦闘に仕上がっている。

世界観の大仕掛けも見どころ。気軽に遊べて奥深いRPG

広い世界への憧れもあって始まった旅だが、生まれたときにコウノトリに運ばれてアカの家へと来たシロには、実の家族を探すという目的もある。さらにとある事情から「魔法石」を探すという目的も加わり、精霊といった不思議な存在との邂逅もシロ達を待ち受ける。

marchen-kanna-world-1
魔法石を探すシロ達は「精霊」と出会い、対話していく

そうした目的もありつつも賑やかな旅の中で、しかし徐々に垣間見えるのは、かつて魔法使いのほかに存在したとされる「にんげん」の痕跡。そしてこの世界がかつて「にんげん」が居た世界……つまり我々プレイヤーが居るのと同じ地球なら、「何かがおかしい」と感じさせる違和感の数々だ。

以下、作品の公開からそれなりに時間が経ったこともあり、致命的ではない(と筆者が考える)範囲で若干のネタバレに踏み込むがご容赦いただきたい。

marchen-kanna-world-2
marchen-kanna-world-3
marchen-kanna-world-4

この物語の舞台が地球そのものであるということ自体は、とくにサプライズとして秘されたものではない(と思う)。その上で、「この世界は今、なぜこうなっているのか」というのが興味を惹くポイントとなっている。

さらに一歩踏み込んだことを書いてしまうと、RPGあるあるネタの一つである「魔法かと思いきや実は超科学でした」というパターンでもない。あくまでファンタジーとして、それでいて筋の通った大仕掛けにより、「地球の延長線上のようでいて、何かが決定的に違う世界」が生み出されている。この種明かしがされるシーンは本作のクライマックスの一つであり、「なるほどそう来たか!」と唸らされた。

また、中盤以降は賑やかな旅路の中にわずかに入り混じる、不穏な空気も興味を惹く。……経験豊富なフリゲプレイヤーなら「またか」と思われるかもしれない。メルヘンチックな世界観に見えて、その実……という作品もまた、フリゲRPG・ADVの定番の一つだからだ。本作にもそういった側面が全くないとは言えないし、なんなら若干ながらホラーめいた場面もある。

ただ、多少のネタバレとなってでも伝えておきたいのは、たとえどんな展開になったとしても、それまでの旅が、虚構や茶番となってしまうことはないという点だ。シロ達3人が、そしてプレイヤーが感じてきた旅の思い出は間違いなく本物だし、その道筋と旅の果てに出会った人々、そしてある人物が抱えていた裏の事情すら、最大の困難に立ち向かう力になってくれることだろう。

手軽に遊べて奥深く、難易度でもシナリオでも、ただプレイヤーを突き放すようなことはない。RPG初心者からコアゲーマーまで幅広くお勧めできる作品となっている。PC、Mac対応のダウンロード版のほかブラウザ版も用意されているので、グラフィックや戦闘システム、世界観などどこか一つでも興味を惹かれる点があれば、ぜひ気軽に手に取ってみてほしい。

marchen-kanna-world-5

[基本情報]
タイトル:メルヘンカンナ
制作者:靴冠氏
公称プレイ時間:4〜5時間
対応環境:Windows / Mac / ブラウザ(スマートフォンは非対応)
価格:無料

ダウンロードはこちらから
https://freegame-mugen.jp/roleplaying/game_8430.html
https://www.freem.ne.jp/win/game/21786

ブラウザプレイはこちらから(RPGアツマール)
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm14072


  • finalbeta-logo-icon-white

    中村友次郎(@finalbeta

    フリーゲームと同人ゲーム、日本ファルコム作品をこよなく愛するゲーム好き。システムに凝ったRPGをとくに好んでプレイします。スマホRPGは「メギド72」激推し。
    過去に十数年ほど、窓の杜の連載記事「週末ゲーム」の編集と一部執筆を担当していました。