ある夏の不思議な出来事を描く短編ノベルゲーム『未来に舞う蝶の色は』 もし、あの”悲劇の現場”に戻れたら……何をしますか。

千坂和歌(ちざか のどか)には一つ年上の兄、大和(やまと)がいた。

Mirai_Mau_01

本が大好きで頭も賢く、それでいて未来が見えるという不思議な能力の持ち主でもある大和のことを、和歌はとても慕っていた。だが夏のある日、自らの不注意が招いた事故によって大和は致命傷を負い、帰らぬ人となってしまった。

さらに身体が弱く、治療も兼ねて転地していた母もそのショックで、後を追うかのように亡くなってしまった。

Mirai_Mau_02

以来、後悔と自責の中で生き続けた和歌は16歳になった。
当時、住んでいた町から引っ越し、高校生活を送る和歌だったが、あの時の罪悪感は拭えず、唯一の家族である父親も出張で家を空けることが多くなり、疎遠になってしまった。

そんなある夏休みの日、部屋の掃除をしていた和歌は、かつて兄と一緒に何かを隠した「宝の地図」を発見する。そして、誰かに導かれるように和歌は以前、暮らしていた町へと向かい、あの事故が起きた森へと足を踏み入れた。

その時、不思議なことが起きた。

Mirai_Mau_03

『未来に舞う蝶の色は』は2019年5月2日、「ティラノスクリプト」製ノベル&アドベンチャーゲーム配信サイトの「ノベルゲームコレクション」にて公開された短編ノベルゲーム。作品ページにてWindows、Mac版の無料ダウンロードほか、ブラウザ版をプレイできる。

「昔、隠した宝物を見つけるため、久々に訪れた悲劇の現場で……」

内容はオーソドックスなノベルゲーム。自らが招いた事故で兄を亡くした過去を持つ主人公の和歌となって、当時、現場となった森に隠したとされる「宝物」を見つけ出す物語を追っていくというものだ。

Mirai_Mau_04

これと言って、システム周りに特徴的なものはない。最初から最後まで、物語を読み進めていくことに徹する王道の作りである。ノベルゲームにおいては定番とも言える、選択肢も用意されている。

ただ、数はごく僅か。それでいて、大きな決断をする場面に限って出現する、絞り込んだ仕組みになっている。例によって分岐もあるが、明確に変化するのはエンディングだけ。基本は一本道で進んでいく作りだ。

そのため、全体としては最後の結末を見届ける部分を根幹としたノベルゲームに完成されている。エンディングの種類は三つで、その内のベストエンドへの到達がプレイヤー、及び和歌にとっての最終目的だ。

その最終目的とは……兄を救うこと。

「……私は亡くなった兄に出会った。そして、決意した。」

故人であるはずの兄をどうやって……と、その答えは先に紹介したストーリーの続きにある。
一体、森に足を踏み入れた時、和歌に何が起きたのか。

Mirai_Mau_05

7年前へとタイムスリップしてしまったのである。
しかも、日時は兄の大和が事故に巻き込まれる数日前。なので、和歌の目の前にはあの頃の元気なままの大和が姿を現す。事故のショックで急逝した母親も健在なのだ。

Mirai_Mau_06

だが、和歌は容姿こそ9歳の時と変わらないが、記憶は16歳時のものを引き継いでいた。つまり、これから大和にどのようなことが起きるのかが分かる。
よって、彼女が取ろうとする行動は……

Mirai_Mau_07

大和を救うこと。
かくして以降は、悲劇の回避に向けた和歌の奮闘が描かれていくのだ。

そんな彼女の奮闘が描かれ始めてからの展開が、本作の物語における屈指の見所になっている。例によって、何が起こるのかは割愛するが、悲劇を回避するため行動するなら、行き着く先はやはり……と想像するかもしれない。

Mirai_Mau_08

詳しくは言及しないが、いい意味でも悪い意味でも、その想像はひっくり返されてしまうだろう。また、いざという時に現れる選択肢に対し、迷いが生じて無難なものを選ぶ判断を下すかもしれない。そして、まさかの事態に口が開いたままとなり、場合によっては物語を最初からやり直すことにもなる。

そうも引っかき回す物語に翻弄されながら、いずれは辿り着くベストエンド。その内容もまた、悲劇を回避する目的の難しさを痛感させ、心を抉りに抉るものになっている。ベストなのに心を抉るって矛盾していないかと物申したくなるところだが、本当に偽り何もなく抉ってくるのだ。そして、とある希望が示され、物語は幕を引く。

Mirai_Mau_09

一連の展開を見て、どんなことになるのかと、なるべくネタバレにならない程度に言うなら、涙腺を嫌というほど刺激させられてしまうだろう。また、この物語の一貫性の強さに気付かされる……かもしれない。

筆者の感想としては、なんと筋の通った物語だ……というものだった。特に物語に込められたテーマを真正面から、一切の軸のブレもなく描き切っているのが素晴らしい。それが最終的に訪れるベストエンドのみならず、悲劇回避の目的のために頑張る和歌の健気さ、そして大和の心優しさを際立たせているのである。

もし、目的から想像される通りの展開が描かれたりしたら、どうなってたか?間違いなく、ベストエンドはああも涙腺を刺激するものになってなかった、むしろ白けるものになっていただろう。物語全体への魅力も欠けていたかもしれない。

一体、どんな結末を迎えるというのか。
少しでも気になるのならすぐにでもプレイしてみていただきたい。いい意味でも悪い意味でも、ひっくり返されることの意味を思い知らされるはずだ。

短めながらも涙腺を刺激する良作ノベルゲーム

また、本編はゆっくり進めてもエンディングまで1時間程度だが、それとは別にある人物の視点から見た、別の物語が「おまけ」として用意されている。

Mirai_Mau_010

この物語は本編未クリアの時点でも選択可能なのだが、三つのエンディングに絡んだネタバレだらけの内容になっているので、間違っても最初に見ないよう注意いただきたい。ゲーム側でも警告が出るので、クリアしていないのなら素直に従おう。無視する選択も取れるが、間違いなく地獄のような後悔と自業自得の念に襲われることになるので、自己責任で。

脱線したが、この別視点の物語もとても印象深く、それでいて作中の様々な展開に深みを与えるものになっている。特に大和に対しての愛着は一層増すことだろう。若干の副作用を及ぼす成分も混ざってたりするのだが……これ以上は本編にて。

Mirai_Mau_011

他に本作はキャラクターデザイン、背景などのグラフィック周りも素晴らしく、バックに流れる音楽も相まって、独特の切なさが表現されている。音楽に関しては、エンディング曲もオリジナルの歌になっていて、演出的にも印象深いものになっている。ぜひ、選択肢に悩みながら、到達してみていただきたい。余計に涙腺を刺激させられることになるだろう。

Mirai_Mau_012

短編のため、あっという間に終わってしまうボリュームだが、筋の通ったテーマと印象深いキャラクター達が織り成す珠玉の物語と素晴らしい演出で楽しませてくれる良作に完成されている。果たして、過去に戻った主人公は兄の悲劇を回避できるのか。そして、そんな彼女の周囲に現れ、作品名にもなっている”蝶”の存在は何を意味するのか。

全ての真相を知りたくば、PC版のダウンロード、ブラウザ版のプレイが可能なノベルゲームコレクションの作品ページへ突撃だ。

念のためハンカチ、もしくはタオルをお忘れなく。

[基本情報]
タイトル:『未来に舞う蝶の色は』
制作者: 太田PoN太
クリア時間: 1時間半(※エンディング数:3つ+α)
対応OS: PC(Windows)
価格: 無料

※ダウンロードはこちらから(ブラウザ版あり)
https://novelgame.jp/games/show/1832

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • image09

    シェループ(@shelloop

    様々なゲームに手を伸ばしたがる人。2D、3Dのアクションと手強めの戦略シミュレーションを与えると喜びます。

    Webサイト:box sentence
    ブログ:Box Diary