『聖剣伝説』シリーズ初期3作がニンテンドースイッチ向けに発売決定

3月21日、スクウェア・エニックスは、同社によるアクションRPG『聖剣伝説』シリーズの3作品が収録された『聖剣伝説コレクション』をNintendo Switch向けにリリースすることを発表した。発売は6月1日に予定されている。

bg
 

本作は、累計出荷本数600万本を超える同シリーズの25周年を記念した作品となっており、シリーズ初期の3作品『聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝-』『聖剣伝説2』『聖剣伝説3』が収録されている。『聖剣伝説2』『聖剣伝説3』については3人までのマルチプレイにも対応。また『聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝-』については、2003年発売のリメイク作『新約 聖剣伝説』ではなく、1991年発売のゲームボーイ版原作が収録される。

「いつか、こんなゲームをいつか作りたい!」と、スーパーファミコン(SFC)時代のゲームをプレイして思った制作者の方は多いのではないだろうか?昨今、作品数の増えてきた個人開発者によるインディーゲームにおいても、『ゼルダ』シリーズなどを筆頭としたSFC時代のゲームにインスパイアされたドット絵ベースの作品を見かける事が多い。

先日もぐらゲームスで紹介したインディゲームディベロッパー「Colony Games」が手がけるアクションRPG『RolansQuest』も、今回紹介した『聖剣伝説』やそのほかのSFC作品の影響を感じさせるものであった。

『聖剣伝説』風のドット絵アクションRPG『RolansQuest』デモ版が制作中

かつて「ゲーム制作者」を目指したいと思わせてくれた過去作の復刻は今後、ニンテンドースイッチ向けに増えていくのだろうか?今後も期待したいところだ。

[基本情報]
タイトル:『聖剣伝説コレクション』
開発元:スクウェア・エニックス
価格:4,800円(税抜き)
発売日:2017年6月1日
プレイ人数:1~3人(『聖剣伝説2』『聖剣伝説3』のみ)
公式ページ

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。