ドット絵で作られた作品展示会「Pixel Art Park 3」が9月25日に開催 レトロゲームのような世界を楽しめる!

以前、もぐらゲームスでも紹介したドット絵アートイベント「Pixel Art Park 」。「ドット絵」で作られたゲーム作品の展示・グッズ販売・ドット絵グッズの制作セミナーや、ピコピコサウンドのミニライブ……などなど、ドット絵に関する様々な企画が集まったこの展示イベントは、前回開催時は大盛況となっていた。

レトロゲームのような世界!ドット絵で作られた作品展示会「Pixel Art Park」が明日開催

そんな人気イベントが、「Pixel Art Park 3」として、今年9月にも開催されることが発表された。

Pixel Art Park
「Pixel Art Park 3」公式サイト

 
「Pixel Art Park(ぴくせるあーとぱーく)」は、ドット絵好きによるドット絵のイベントです。今回は、17組のクリエイターそれぞれのドット絵作品を展開します。体験型のゲームやアプリ、似顔絵、その場でつくれるドット絵(アイロンビーズ)のワークショップ、彫刻、イラスト、ハンドメイドアクセサリー、グッズ販売、ピコピコな音楽のミニライブなど、様々なドット絵作品を楽しむことができます。

大人には懐かしく、子どもには新しい1日限定のドット絵ワールド「Pixel Art Park」!レトロだけど新しい、デジタルだけどあったかい、かっこいいのにかわいい、そんな不思議な世界へいらしてください。入場無料です。

前回の公式サイトより引用)

 
Pixel Art Park
 
Pixel Art Park
 
公式サイトには、まだ詳細情報は掲載されていない状態となっている。今後の情報公開を待ちたいところだ。ドット絵芸術が好きな人は、9月のイベント開催時に足を運んでみてはいかがだろうか。

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。