『Deemo』、『Cytus』を開発した台湾のインディデベロッパーRayarkが日本進出!オフィスの立ち上げに向け人材募集中

台湾のインディデベロッパーRayarkは、日本での制作チームの立ち上げを目指し、人材募集を行っている。

Rayark人材募集サイト

Rayarkは2011年の創立以来、『Deemo』や『Cytus』といった独特な雰囲気を持った音ゲー、グラフィックとゲーム性を追求したSFアクション『インプロージョン』といったいずれもしっかりと作り込まれ、非常に印象的なスマホゲームを世に送り出してきた。

th_image00
『Deemo』。手描きのイラストと、幻想的な世界観が特徴。リズムに合わせて譜面をタップする音ゲーだが、ゲームオーバーがなく、楽曲を十分に楽しめるようになっている。日本の楽曲も多く、追加DLコンテンツではFFシリーズのサントラを担当している植松伸夫氏も楽曲を提供している。

th_image16
『Cytus』。『Deemo』とは対照的で近未来的な世界観の音ゲー。譜面も非常にSF的で、画面全体を使う本格的な音ゲーだ。

th_image15
『Implosion』。『デビル メイ クライ』のような超本格的なスタイリッシュアクション。スマホで簡単な操作で楽しめる。グラフィックも非常に美麗だ。もぐらゲームスでもレビューしている。

上記3作品を含む、これまでリリースしてきた4つのゲームの累計ダウンロード数は2,000万を超えるとのこと。

今回、日本で制作チームRayark Japanを立ち上げ、最新タイトルを開発する予定とのこと。募集している職種は、ゲームプロデューサー、UIデザイナー、コンセプトアーティスト、オペレーションマネージャーの4職種。

日本の制作チームがどのような作品を開発するのか、楽しみだ。


  • CDvLYAMUEAAVUI8
    すんくぼ(@tyranusii

    学生時代、MMORPG「リネージュ」で朝から晩まで飽くことなきレベル上げと戦争に没頭する毎日を送る。本業では廃人卒業後、国家公務員を経て、再びゲームの世界へ。「もぐらゲームス」を立ち上げました。ハマったゲームはライブアライブ、ファイアーエムブレム 聖戦の系譜、デモンズソウルなど。
    個人ブログもやってます:もぐらかペンギンか