何度も死にながら国を治めるSLG『Reigns』 2択の決断を繰り返した先に待つ、王国の行く末とは

人間なら誰しも、日々決断しながら生きている。ランチに何を食べるかという些細なものから、どの進路に進むべきかという重大なものまで。そして、一つ一つの決断が人生を形作っていく。

ときには、目の前に広がる膨大な数の選択肢に対して、物事がもっとシンプルだったらいいのに、と思うこともあるだろう。そう、たとえば2枚のカードから1枚を選ぶような、シンプルな選択肢が欲しいと。

2択の決断で自分の人生が、そして国の行方が決まっていく――そんなゲームが、今回紹介する『Reigns』である。

image05

王となり、国の存亡に関わる「2択」を選び続けよ

プレイヤーは王となり、次々に迫られる2択の選択肢を左右のスワイプで選び続け、王国を繁栄させていく。

ストーリーは以下のようになっている。
若き王の前に、亡霊が現れて告げる。「4つの勢力の均衡を保ち、王国を繁栄させるべし」と。また、王は死んでも記憶を継承し、王朝が続く限りその呪いは終わらない。解放されるには、悪魔の力を借りるしかないと言うが……。

様々な人物が王の前に現れ、決断を迫る。プレイヤーは問いに対して、2択で答える。YESかNOか。関心か無関心か。戦争か和平か。その答えによって、王自身の行く末が変化し、王国の歴史が紡がれていく。

イメージ220727

4つの「パワーバランス」で国家を調停する

前述のとおり、プレイヤーは王として2択の決断を次々に下していく。その結果として、「教会、人民、軍事、国庫」の4つのパワーバランスが変化していく。 4つのうちいずれかのパラメータがゼロ、あるいはMAXになると王は死んでしまう。 ゲームの目的は、このパワーバランスをうまく維持して、できるだけ長く生き永らえることだ。

たとえば軍事パラメータがMAXになると軍によるクーデターが発生し、ゼロになると隣国に攻められ城が陥落してしまう。どちらに転んでも王は悲劇的な最期を迎えることになる。

ここで求められるのは、筋が通った一貫性のある言動ではなく、あくまでバランスを取ること。優しいだけでも、厳しいだけでも国の運営は成り立たないのだ。

イメージ220728
可愛いグラフィックだが、王に迫られる選択は非常にシビア。

イメージ220729
 

死してなお治世 繰り返しのプレイが楽しい

運悪く王が死んでしまっても終わりではない。むしろ、そこからが長い治世の始まりである。

何度も死を迎えることで、どの選択肢がどのパラメータに影響を与えるかを徐々に覚えていき、次の王の選択に活かすことができる。よりよい選択は王を延命させるだろう。
一人の王の在位期間は記録として残るので、ハイスコアを目指すのがやりこみ要素の一つだ。

また、選択肢によっては新しいキャラクターがアンロックされたり、選択結果が王の功績として記録されたりする。繰り返しのプレイでこれらのコンプリートを狙うのも楽しい。

イメージ220730
 
YES/NOの選択肢を選び続けるというシンプルな操作が特徴の『Reigns』。しかし中身は奥深く、繰り返しのプレイが楽しい良作である。

スマホ版とSteam版が販売されているが、個人的にはスマホ版がおすすめだ。片手の親指のみでサクサク操作できるので、満員電車など、吊革を掴みながらでも快適にプレイすることができる。通勤・通学のお供を求めている方にはぜひおすすめしたい。

[基本情報]
タイトル Reigns
制作者 DevolverDigital (制作者様サイトはこちら)
クリア時間 6〜10時間
対応OS Android/iOS/Windows/Mac/Linux
価格 ¥360 (iOSでの価格)

ダウンロードはこちらから
App store
https://itunes.apple.com/jp/app/reigns/id1114127463?mt=8
Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.devolver.reigns&hl=ja
Steam
http://store.steampowered.com/app/474750/

もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。
  • icon22

    ロキオ(@6th_key

    ソーシャルゲームの企画をしたり、文章を書いたりしています。
    PCやスマホのインディゲームを遊ぶのが趣味。
    最近はアナログゲームにも興味津々。