他人のスマホを覗いて謎を解く背徳のアドベンチャー『Replica』 Steamにてリリース

他人のスマホを覗き見る―――相手の私生活を握るような、背徳感あふれる行為。
今回は、そんな行為をテーマにした異色のアドベンチャーゲーム『Replica』が7月11日にSteamでリリースされたので、紹介したい。

Replica
『Replica』Steamページ

「この国に必要なものは建物ではありません。希望です!」 – イヴィ・ハモンド

レプリカは携帯電話とソーシャルメディアを題材にしたインタラクティブ小説ゲームです。

アナタは持ち主の分からない一台の携帯電話を持っています。政府機関の強要によって、携帯電話の持ち主のアカウントをハッキングし、メールやソーシャルメディアの記録を覗き見てテロ容疑の証拠を探さなくてはなりません。

他人の携帯電話の中にある私生活を覗きみる変態行為が、アナタをこの国最高の愛国者にしてくれるはずです。
(Steamページより引用)

 
本作は、鏡でマップを反転させて進む独特なパズルアクションゲーム『RETSNOM』などを開発してきた韓国のディベロッパーSomiがリリースした新作だ。

国民に対する管理が強化された国家を舞台に、プレイヤーは政府の強要で、ある1つのスマートフォンの中身を調べることになる、しかしそのスマホの持ち主は、なんとテロリストの疑いをかけられた人物。この中には、一体どんな情報が入っているというのか……。

本作は全12個からなるマルチエンディング制で、価格は298円となっている。一風変わったアドベンチャーゲームを試してみたい人は、遊んでみてはどうだろうか。

Replica
 
Replica
 
Replica

(関連記事)
Steamセールで買いたい!おすすめ名作インディゲーム20選
名作インディゲームRPG『UnderTale』 公式日本語版が2017年配信予定
『ゼルダ』や「ジブリ」の影響が息づく『Hyper Light Drifter』は美しくもムズかしいアクションRPGだった

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。