フリーゲーム作者による「SMILE GAME BUILDER」制作実演連載が開始 完成作はダウンロードして遊べる!

2016年9月8日(木)に株式会社スマイルブームよりリリースされたWindows用RPG制作ソフト「SMILE GAME BUILDER(スマイルゲームビルダー)」。プログラミング不要で3DのRPGが作れることが特徴のツールとなっている。

今回、もぐらゲームスでは2017年1月から4月頃までにかけて、フリーゲーム制作者の方々による、SMILE GAME BUILDERを使用したゲーム制作の実演記事を連載する。そして最終的に、プレイ可能な完成作品の公開も実施する。完成したゲームの実装を見ることができるSMILE GAME BUILDERのプロジェクトファイルも合わせて公開する予定だ。

制作実演記事は月に数本ほどの掲載予定となり、SMILE GAME BUILDERでゲームを作るうえでのポイントや、「このゲームはどうやって作ったのか?」「どういったポイントに気をつけたか?」というゲーム制作全般におけるコツなども見ることができる内容となる。

今回の連載企画に参加するフリーゲーム制作者は、下記の3名だ。

連載企画に参加する制作陣

 
image01
連載第1回担当:創作活動サークル「Qpic」(制作チーム代表:クスト)
 
ユーザーによる人気投票企画「フリゲ2016」にて最多の得票数を獲得した、爽快フックアクションが特徴のフリーゲーム『ニュー・スーパーフックガール』が代表作。同作のディレクターであるクスト氏の所属するサークル「Qpic」では、アナログゲーム頒布イベント「ゲームマーケット」にて『かぐや姫と5つの難題』を頒布し、iOS/Androidタブレット向けリズムゲーム『EQLIPSE』の開発も行うなど、幅広い活動を行っている。

image00
ニュー・スーパーフックガール

連載記事:
SMILE GAME BUILDERで楽しむゲーム制作 第一回:Qpic『スーパーフックガール外伝』①

SMILE GAME BUILDERで楽しむゲーム制作 第2回:Qpic『スーパーフックガール外伝』②

Qpic『スーパーフックガール外伝』完成版公開:SMILE GAME BUILDERで楽しむゲーム制作 第3回
 
image05
連載第2回担当:カナヲ
 
ゲーム制作サークル「てりやきトマト」代表。代表作となるフリーゲームは、自らの命を絶った少女が過去を探す探索ホラーアドベンチャー『虚白ノ夢』(2016年3月に小説版も発売)、そして墓荒らしダンジョン探索RPG『積層グレイブローバー』など。シナリオ執筆やグラフィックデザイン、作曲なども行えるクリエイターであり、現在は『被虐のノエル』を制作中。
 
image04
虚白ノ夢
 
image02
連載第3回担当:坂本昌一郎
 
レーベル「sound sepher」主宰。ゲーム・アニメ作品『11eyes』の楽曲や、PC/PlayStation4向けのインディ・シューティングゲーム『アスタブリード』の楽曲を担当してきたサウンドクリエイター。現在はゲーム制作も行っており、体験版として公開されているフリーゲームRPG『箱庭セレナータ』を制作中。RPGツクール・WOLF RPGエディターのスクリプトやコモンの公開も行っている。
 
image06
箱庭セレナータ
 
第一回を担当する創作活動サークル「Qpic」の連載は、さっそく明日1月8日の昼頃から開始する予定だ。SMILE GAME BUILDERを使った制作に興味ある方は、ぜひお読みいただきたい。
 

もぐらゲームスでは現在ライターを募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。