お金のちからで世界を救おう―フリーゲーム「スポンサーガ」レビュー

邪竜シュレーダーが暴虐の限りを尽くしていた時代。時の預言者は勇者の出現を託宣する。
幼いころから厳しい修行に耐え、邪竜に挑む勇者と仲間たち。

しかし、勇者が邪竜を倒すことはなかった。勇者は挫折し、尻尾を巻いて逃げ出したのだった。

その後、かつての仲間が厳しい戦いの末に邪竜を打ち倒し、世界には平和が訪れる。
勇者に残されたのは、過酷な修行のせいでボロボロになった身体と、世界を裏切ったという民衆からの憎しみと嘲笑だった。

自分の存在は何だったのだ?
生きるために、あらゆる汚いことにも手を出す商人となった元・勇者。

それから20年後。世界に再び危機が迫ろうとしていた。魔王ヒエロニムスが、人々に魔の手を忍び寄らせていたのだ。

元・勇者は、冒険者を雇って困難に立ち向かわせる新たな商売を始める。

「平凡で何が悪い?英雄と呼ばれる力などなくても、金さえあれば物語の主役になることができる。」
「スポンサーという立場でも、世界に貢献できていいはずだ。この世は英雄だけで回っているわけじゃない」

PC用フリーゲーム「スポンサーガ」は、そんな「凡百の勇者」が主人公の物語だ。

冒険するのは君じゃない

プレイヤーは冒険者を雇って依頼を遂行する「ヴィンセント商会」の経営者となり、教会や商人、王国などの依頼を受けてお金を稼いでいく。

ゲームシステムとしては、「ゆけ!勇者」のような放置型ゲームといえそうだ。今で言うと、「艦これ」の遠征に選択の幅を広げたようなもの、というと理解が早いだろうか。

f:id:moguragames:20140402093843p:plain

プレイヤーは受けた依頼(クエスト)の内容に適切と思われる人材(戦士、旅人、学者など8種類)を複数選び、あとは期限まで待つだけだ。

期限が来ると冒険者が帰還し、報告をしてくれる。

f:id:moguragames:20140402093937p:plain

クエストには職業によって得意・不得意がある。例えば、商船の乗組員として乗船する依頼では、航海中に壊血病が起こるため、旅が得意な「旅人」だけではなく「医師」も必要となる。バランスよく依頼に必要な人材を適材適所に配置する経営者感覚も味わえ、なかなかゲームシステム的にも面白い。

f:id:moguragames:20140402094002p:plain

また、サブシステムとしてその日の天気がクエストの出来・不出来に関係してくるため、ある程度は天気を考慮に入れながら進めていくと少し攻略がしやすくなるかもしれない。

f:id:moguragames:20140402094023p:plain

クエストをクリアしたり、派遣回数が一定量に達すると少しずつ雇える職業や職業レベルが増え、こなせるクエストにもバリエーションが出てくる。
もちろん給料は前払いで、優秀な人材ほど高くつく点は言うまでもない。手持ちの金が足りなければ優秀な人材を雇うことができない。そして主人公自身は冒険者でもないのだ。現実は非情である。

「裏方が主役」のストーリー展開が見どころ

「スポンサーガ」の売りのひとつが冒頭にも述べたような独特のストーリーだ。あくまで主人公は「裏方」であり、その信条がゲームの展開に沿って描き出される。依頼の中にはストーリーにつながる重要なイベントもあり、これをクリアすることでストーリーが前へと進んでいく。その中で見えてくる主人公の葛藤や、20年前の戦いに隠された真実などの物語には惹きつけられるものがある。

f:id:moguragames:20140402094129p:plain

唯一気をつけておきたい点が有るとすれば、難易度がかなり高めなこと。また、クリアに実質不可欠なアイテムや最終局面攻略のために出現させておきたい職業などがあり、積みポイントになりがちなので、こまめにセーブデータを作成しながら進んでいくことをおすすめする。なお、後日「スポンサーガ」を積まないゲームにするための攻略Tipsについて少し纏めてみようと考えているので、もし必要があればそちらや、有志が作っておられる攻略Wikiについても参照していただきたい。

追記:攻略Tipsをまとめました。

難易度の点を考慮しても、「冒険者を雇うスポンサーになってお金を稼ごう!」というキャッチフレーズからはとても想像できない、「裏方こそが主役」の芯の太いストーリー展開に圧倒される。是非一度味わってみては如何だろうか。

■スポンサーガ
[ソフトウェアタイプ]
フリーウェア

[対応OS等]
Windows

[ダウンロード]

スポンサーガ:無料ゲーム by ふりーむ!

[製作者]
ブー太

[プレイ時間]
2~5時間

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • 20140320163135

    通称のあP。「もぐらゲームス」エグゼクティブプロデューサー&共同編集長。ゲームをする人。「ゲームのちからで世界を変えよう会議」の中の人。経営戦略(ゲーム産業)と金融が一応専門分野。 MMORPG「リネージュ」の元プレイヤー(8年ぐらい、10,000時間ほどプレイ)。長らく一つのゲームをやりこむ派でしたが、最近は雑食気味にいろんなゲームをプレイしています。思い出に残っているゲームはリネージュ、ティアリングサーガ、勇者のくせになまいきだ。or2など