名作シミュレーションRPGのような作品が作れる!期待のゲーム制作ツール「SRPG Studio」

いまやゲームを作る時に欠かせなくなったゲーム制作ツール。有名どころでは「Unity」「Unreal Engine」「RPGツクール」…などなど、さまざまなソフトが挙げられるだろう。
そんな中、心待ちにしていたユーザーもいると思われる「シミュレーションRPG」を制作するためのツール「SRPG Studio」が、先日4月10日に登場した。

シミュレーションRPG作成ソフト「SRPG Studio」公式ページ

SRPG_stage
「SRPG Studio」ゲーム画面

デフォルトのゲームシステムは、あのコンシューマの名作シミュレーションRPG「ファイアーエムブレム」を思わせるものとなっている。基本的な制作はプログラミング不要で、「RPGツクール」のように、あらかじめ用意されたコマンドを組み合わせていく、初心者にも分かりやすいものだ。加えて、スクリプトによるシステム改造も可能となっており、細かい部分にもこだわれるSRPGが制作できそうだ。

SRPG_thumbnail
筆者もさっそく購入して制作を行ってみたが、直感的で使いやすいコマンドが多いと感じる

「SRPG Studio」では、基本的な機能を紹介しつつ、全2マップを攻略するサンプルゲームも収録されている。それをまず遊べば、どんなゲームが作れるかを理解できるだろう。

SRPG_attack1
サンプルゲーム画面①:直接攻撃シーン

SRPG_attack2
サンプルゲーム画面②:間接攻撃シーン

SRPG_map
サンプルゲーム画面③:戦闘前のマップ場面

SRPG_target
サンプルゲーム画面④:目標確認画面

「SRPG Studio」自体は有料のゲーム制作ツールだが、機能が制限された無料版も頒布されている。制作したゲームは商用利用可能となっている。

シミュレーションRPGというジャンルは、たとえば小規模開発のフリーゲームにおいても、フリゲ2013にて3位を獲得した『魔法少女』、コンテストパークwebにて金賞を受賞した『-新説-UPRISING』…などの人気作品が出てきている。このようにゲームプレイヤーの間で根強い人気が伺えるものの、個人向けのSRPG開発ツールは「SRC(Simulation RPG Construction)」や「シミュレーションRPGツクール95」などが発表された以降、制作のスタンダードとなるツールは出てこなかった。

そんな中で登場した「SRPG Studio」は、シミュレーションRPG制作における強力なサポートになりそうだ。さっそく使用しているユーザも出てきているようなので、興味のある人は検索などで情報を追ってみるといいだろう。まだリリースされたばかりのツールではあるが、今後を楽しみにしたい。

シミュレーションRPG作成ソフト「SRPG Studio」公式ページ

もぐらゲームスでは現在ライターを募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。