事件解決の鍵は”弾幕”!?探偵2Dシューティング『Star Apprentice: Magical Murder Mystery』

昨今のボードゲーム界隈では「マーダーミステリー」と呼ばれる、探偵小説的な殺人事件をモチーフとした推理ゲームがトレンドであるという。筆者が新作を求めてボードゲーム専門店を訪れた折にも、手に取りこそしなかったが実際にマーダーミステリーのジャンル名を冠した作品が数多く並んでいるのを見てとることができた。
今回紹介する作品にも「Murder Mystery」の文字がタイトルにあるが、そうしたボードゲームの分野のマーダーミステリーではないこと、それどころか一般的な推理アドベンチャーゲームとも毛色の異なる作品であることはまずご承知おき願いたい。何も知らずにプレイを始めた筆者は大変面食らうこととなったので、本記事でその驚きを少しでも共有できれば幸いである。

『Star Apprentice: Magical Murder Mystery』はカナダ・アルバータ大学の学生チームWill-o-Worksによってカリキュラム内で制作された作品。2020年12月7日よりitch.ioにて無償公開されている。

列車で名探偵とふたりきり。何も起きないはずもなく…

世界的な探偵・Lasnam氏の下で学ぶ探偵見習いの少女・Minnie。彼女は旅客列車での旅路の中、客室で師匠からのレクチャーを受けたり、隣室の乗客のペット探しを請け負うなど、見習い探偵としてのステップを一歩づつ歩みながら過ごしていた。しかし探偵在るところには事件が付き物。なんと列車内で殺人事件が発生し、Minnieは事件を起こした犯人の手掛かりを探すことになる。

なお、ガイシャは探偵その人である。Minnieにとっては唐突に独り立ちのための大きな試練を与えられた格好と言える。本来事件を解決するのに力を発揮すべき人物が真っ先に屠られてどうする、と突っ込みを入れたくなる気持ちはグッと抑えよう。

本作は海外版RPGツクールを用いて制作されており、探索パートではMinnieを操作して列車内を移動し、他の乗客と会話したり怪しい場所を調べるするなどして捜査を進めていく。また一部のシーンでは場面が拡大し、気になる箇所をポイントしていくことで残された手掛かりを探すことになる。

正義のボムで矛盾を暴け!前代未聞の「推理STG」

本作が牙を剥くのはここから。乗客への聞き込みを進めていくと唐突に弾幕シューティングゲームが始まり、聞き込み相手の証言そのものが敵となって攻撃を仕掛けてくるので、敵から放たれる弾を避けつつこちらのショットを撃ちこんでいこう。

従来の2Dシューティングゲームでは敵からの攻撃を打ち消すためのお助け武器として採用されている事の多い「ボム」だが、本作ではより重要な役割を持っており、ボムは相手の「怪しい証言」を打ち消すために使用することになる。本作でのボムは調査を先に進めるためのキーファクターとなっているのである。某逆転する弁護士さながらの”Refute”(異議あり)をボムに乗せて叩き込もう。

ただしボムは撃つ対象の証言を間違えてしまうと敵からの攻撃が激化するデメリットも存在している。また、聞き込みの最後には飛来してくる4つの文節を順番に撃破して並べていき、結論を勝ち取る必要があるなど、攻撃をする際にはある程度慎重な判断も求められる。

怪しいと思った証言に対してボムを撃つ、文節を組み合わせるなど、英語の知識がどうしても必要になってしまう部分はあるが、「推理もの」と「弾幕シューティング」という組み合わさりそうに無い取り合わせが実現してしまったインパクトはそれを悠に越えてしまう強烈なものだ。最悪総当たりでなんとかならないことも無いので、推理は苦手だがシューティングなら得意だという人も己の腕前で潜り抜けることができるだろう。
…シューティングが苦手だったら?そうだな…まずは頑張ってみてほしいが、オプション画面を眺めてみるのはいかがかな?

相対する一癖ある乗客たち。真実はどこに?

テレビアニメのアイキャッチさながらのオープニングアニメーションなどビジュアル面での力の入り方や、一癖ある登場人物達も本作の魅力。白と黒のシンクロ攻撃で攻めてくる双子や札束弾幕を仕掛けてくるセレブなど攻撃パターンからも性格付けがなされており見ていて飽きがこない。

プレイ時間は1時間程度。程よいと言えなくもないが、もっと長くプレイしていたかったとも感じてしまう光る個性を持っている。探偵物語のファンにも2Dシューティングゲームのファンにもプレイしてもらいたい作品だ。

[基本情報]
タイトル: Star Apprentice: Magical Murder Mystery
制作者: Will-o-Works
クリア時間:  1時間~
対応OS: Windows, Macintosh, Linux, ブラウザ
価格: フリーウェア

↓ダウンロードはこちらから
https://will-o-works.itch.io/star-apprentice


  • image09
    真野 崇(@tacashi

    フリーゲームと共に四半世紀を生きるフリゲ馬鹿一代。
    フリーゲームのレビューブログ「自由遊戯黙示録」を経て、自身のフリゲ人生を集約した、フリーゲーム・同人ゲーム・インディーズゲームの年代記「自主制作ゲーム史論」を執筆。