『Enter the Gungeon』大型アップデートが実施 50%オフのセールも開催中

ゲーム配信プラットフォーム「Steam」やPS4向けに配信されている弾幕シューティング要素を持つダンジョン探索型アクションゲーム『Enter the Gungeon』。

今回、様々な新規要素の追加される「Supply Drop」アップデートが実施された。それに伴い、Steamにて50%オフの価格での販売となるセールも1月31日まで開催されている。

ss_e78b5bad3846b674f7daf82a66eafa24b01f73a7.600x338
『Enter the Gungeon』Steamページ

Steamのストアページによると、今回のアップデートは下記の内容が含まれているとのこと。

・33つの新武器やアイテム
・7タイプの新しい敵
・新しいボス
・隠しキャラクター
・新しいNPCやチャレンジモード
など

『Enter the Gungeon』は、ガンジョンと呼ばれる迷宮を探索し、ガンジョンの探索を通して手に入る銃を駆使して攻略を行っていく。プレイヤーキャラであるヒーローたちは全員、悔やんでも悔やみきれない過去を持っている。彼らは、ガンジョンの奥に眠っているとされる「過去を始末する銃」を求め、自らの過ちを帳消しにし、歴史を塗り変えようとする…。

ss_0893ef2bd93d4e9e2138006424d088523a5daecd.600x338
 
ss_4ffa6179076975f7a50ab72a6af52a1d817a4926.600x338
 
自動生成される迷宮を探索してアイテムを集めるというローグライク要素がありつつ、戦闘に関しては弾幕シューティングのような激しい攻撃を潜り抜けて戦うアクションとなっている。銃弾の雨の中、アイテムや回避行動を駆使しながら戦う戦闘は慣れないと難しいかもしれないが、その分やり応えのある作品となっている。未プレイの方は、今回のアップデートとセールを機会に遊んでみてはいかがだろうか。

[基本情報]
タイトル: 『Enter the Gungeon』
制作者: Dodge Roll
対応OS: PC/PS4
価格: ¥1,480

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。